2008年07月02日

「World's end wonderland」詳細

「World's end wonderland」東京エスムジカ
2008年8月20日発売 ¥2,500 品番:UGCA1021 
esmusica.jpg

 1.World's end wonderland
 2.Life is Art
 3.A Marriage Song inspired by 秋田長持唄 feat 安曇野めぐ留
 4.A Small Prayer feat 坂本美雨
 5.Pieces of Times
 6.Noisy Fly feat yuyun
 7.Cry for Soul feat N.ashid
 8.Here Before feat yuyun
 9.Too Many Wishes

myspaceに早川氏によるライナーノーツがあるので、詳しい事はそちらで。
9曲目が早川氏のボーカルだそうです。楽しみー!

それにしてもSweet Vacationのキラキラポップスとは、余りにも
かけ離れていて、引き出しの多さにびっくりです。
posted by ぐりともる at 01:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京エスムジカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

当たり月

今月は私の買うコミックの当たり月。
と、いうのも1年に1冊とかしか出ないコミックを買うことが多いので
ひと月に買うコミックは結構少なくて、全くない月の方が殆ど。
しかーし!今月購入済み&予定のコミックは7冊もある!

・篠原烏童
「1/4&1/2(2)」,「ファサード(15)」

・竹本泉
「バラエティも〜にん(2)」,「MAGI×ES(2)」

・今市子
「百鬼夜行抄(10)」

・田村由美
「7SEEDS(13)」

・美川べるの
「ストレンジ・プラス(8)」

こんだけあるよ。
「7SEEDS」以外は滅多に刊行されない本なのになぜにここまで!
しかもそれにプラスしてKOKIAのライブDVDと手嶌葵のCDまで。
あーあ、場所取ってるブラックジャック、BOOKOFFに持って行こうかなー。
もう置き場所がないよぅ。
posted by ぐりともる at 23:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

残るもの

今日は会社帰りにラジオ出演の手嶌葵ちゃんを観に行った。
着いたのが遅くて、ちょびっとしか見られなかった。でも明日無料の
ライブがあるからいいんだ。「虹」聴けるかしらん。
テレビで「ゲド戦記」やっててちょっと見たけど、余り見る気に
なれなかった。何か雰囲気が暗いし。まあ録画してるからいいや。

それにしても「テルーの唄」歌っているシーンでニュース速報を
流すのはやめて欲しいよ。

DVDのハードディスクの中を覗いていて、秘蔵の東京エスムジカ集を
久し振りに見た。
見られるまで1年位かかってしまった。rica tomorlのCDが出たことで
少し整理がついた気もしたけど、やっぱり見ながら喉の奥で何度か息を
飲み込んでしまった。
テレビ初出演の時からビデオに録って残しておいた位だもん。
まぁそれ位気に入っていたという事だ。我ながら仕方ないねぇ。


posted by ぐりともる at 22:32| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

手嶌葵エコなイベント

今日は福岡の大丸の広場で手嶌葵ちゃんの無料ミニライブがありました。
13:00〜ってLOVE FMのメルマガにあったので、12時半位に行ったら
ライブ自体は15時からだったので、仕方なくネットカフェへ。
「ここはグリーンウッド」が読みたかったけどなくて残念。
マンガ読みながら飲み物飲んで、たこ焼きとか食べながらまったり。

14時半に特設会場へ。
広場と言ってもアーケードみたいな場所なのでそんなに広くないし
今は山笠の時期なので、「飾り山」というものがクリスマスツリーの
ようにでーん!!と置いてある。それを撮影する人がたくさんいたりして
なかなかの賑わいぶり。小さなステージのやや右側で見ることにした。

んでイベント開始。サポートはギターの人のみ。
前回と同じく黒ずくめの衣装でなんか暑そう。
出てきてお辞儀をして間髪入れず「テルーの唄」を歌い始める。
キャナルの時が余りにも不調だったので、同じく観客の顔が良く見える
このイベントは大丈夫かなーと不安だったけど、子供連れやお年寄りが
多かったせいか、珍しくリラックスしている雰囲気。
歌声も絶好調でした。

「暑いですね。昨日のゲド戦記見てくださった方?」と聞くと
たくさんの人が手を挙げるのを見て、にこぉーと照れ笑いする表情が
可愛かった。
「Daydream Believer」「The rose」を続けて歌う。
「Daydream Believer」は葵ちゃんが手拍子を促して、その手拍子に
ニコニコしながら楽しそうに歌い上げ、「The rose」も慣れた感じに
力強く歌った。

この時後ろを見るとたくさんの人、人。
そうだよなぁ、昨日映画があったばかりだもんねぇ。

んでこれは九州電力のエコイベントの一環だったので、CMに使われた
「家族の風景」も歌ったのだけど、これは「サリーガーデン」という
聴けばわかるだろう有名曲が原曲となっていて、今回は特別に
日本語と英語ver.を混ぜて歌いました。

しかし気付いてしまった。これはカンペがあったのを。
それを一生懸命見ながら歌ってくれました。

んで最後の曲は待望の「虹」。「まだ公開中で、とても素敵な映画
なのでぜひ見て下さい」というMCがあって
・・・やっと聴けたよ!やっぱり良い曲だなぁ。
「時の歌」もそうだけど、昭乃さんの曲と葵ちゃんの声は相性が良い。
最初は静かに始まって、最後にぐわーっと来るんだ。

額にいっぱい汗をかいてて、顔が赤くなっていたけど終始良い感じでした。
途中で子供に向かって笑顔で手を振ったりと、葵ちゃんも楽しそうで。
キャナルの時は葵ちゃんと同年代っぽい人が多かったから、緊張
しまくっていたのかもしれないなぁと思った次第です。
うん、今日の葵ちゃんはとても良かった。
posted by ぐりともる at 19:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

小さなこと

今日本屋に行ったら「西の魔女が死んだ」の特設コーナーで
映画のダイジェストが繰り返し流れていました。
んで当然「虹」もエンドレスで流れるわけで。
「♪空には〜」というフレーズでうるっときます。
んで「これ昨日ナマで聴いたもんね」とちょっと得意げにもなってみたり。

ラジオ出演を見に行ったと書きましたが、ちょっと葵ちゃんにも
声をかけたりしました。
「明日見に行くので頑張って下さいね」「ありがとうございます」
「CD楽しみです。予約しました」「ありがとうございます」
「応援してるのでこれからも頑張って下さいね」「ありがとうございます」

・・・んー、なんか葵ちゃんに無理矢理お礼言わせてるような・・・
何て言っていいのかわからないよぅ・・・と悩んだ末に、

「明日、たくさん歌って下さいね!」

と言うとマネージャーさん?っぽいおじさんの人と困ったように
可笑しそうに笑ってくれたのがちょっと嬉しかったです。
握手お願いできなかったのが、毎度の事ながら悔やまれます。
葵ちゃんが話しかけられるとすごく緊張しているのが伝わってくるので、
余りしゃべりかけると苛めているような気分になるのです。
まぁいいや。福岡にいる限り、またチャンスは来るでしょう。

382.jpg
虹の歌集/手嶌葵 2008年7月23日発売
1. 虹 [作詞:新居昭乃 作曲:新居昭乃・保刈久明 編曲:宮野幸子]
2. 恋唄 [作詞:ヤスモトアキコ 作曲:Minnie P. 編曲:加藤みちあき]
3. 空へ [作詞:新居昭乃 作曲:新居昭乃・保刈久明 編曲:笹子重治]
4. 恋するしっぽ。[作詞:岡林和也 作曲・編曲:三井 誠]
5. CHINESE SOUP [作詞・作曲:荒井由実 編曲:中脇雅裕]
6. 元気を出して [作詞・作曲:竹内まりや 編曲:笹子重治]
7. 奇跡の星(Album Version) [作詞:吉田ゐさお 森本抄夜子 作曲:吉田ゐさお 編曲:田代耕一郎 中脇雅裕]
8. 家族の風景 [作詞:谷山浩子 作曲:TRADITONAL(アイルランド民謡) 編曲:中村幸代]

amazonでは初回限定盤(DVD付)の予約が一人一点のみとなっています。
まぁ値段が高い筈の限定盤の方が通常盤より安いので、
売れるのは当然なのでしょうけど。
限定盤がランキング178位、通常盤が約5600位とのことなので
予想以上だったのでしょうね。

amazonでの予約はこちらから 少し試聴も出来ます




posted by ぐりともる at 22:47| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

SURFSIDE RADIO '08

福岡県福津市福間海岸という所で音楽イベントがあって、
KOKIAの出演が決まったようです→詳しくはこちら
こんなイベントがあってること自体最近まで知らなくて。
KOKIAも嬉しいけど、rica tomorlにも来てもらったら更に嬉しかったかも。

7月28日(月)〜8月3日(日)までで、KOKIAの出演は2日の土曜日。
平日じゃなくて良かった・・・・けど。

福岡県内だけど、福間海岸ってどうやって行けばいいんだ?と
今から頭を抱えています。
手っ取り早いのは車だけど、絶対渋滞してるし、駐車場も確保出来るか
わからないので電車かな?駅から海岸まで近くはないと思うし。
バス通っているのかとか調べないと。

でもきっと遠征する人はたくさんいるんだろうね。
私も頑張ろうっと。
posted by ぐりともる at 23:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KOKIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

何か色々

rica tomorlのブログに書かれていましたが、長野の“戸隠うたまつり“
ライブが中止になったようですね。残念なことです。

さて、やあっとKOKIAのDVDを見ることが出来ました。
素晴らしい歌声!ホント天上の声ですよ。
しかし3時間観客の前で一人で歌い続けるってのはどんな気持ち
なんだろうと思います。
「Song of pocchong〜雫の唄」「Ave Maria」「il mare dei suoni」
「小さなうた」は必見です。

そういえば、amazonからこのDVDの発送直後に「46円安くなったよ」
というお知らせメールが届きました。こういうの初めてだなぁ。

福間海岸でのKOKIA出演イベント、交通ルートを調べたら
何とか行けそうです。でもKOKIA出演は30分位なのかー。
1時間くらいあれば良かったのに。でも福岡でKOKIAの唄が聴けるのは
すごく嬉しい。
posted by ぐりともる at 22:17| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | KOKIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

残念だったり、良かったり

花とゆめで連載されていた那州雪絵作「ここはグリーンウッド」の
ドラマ化、全く知らずに見始めたのですがこれが意外と面白い。
原作は昔読んだことはあるけど所有はしていないので、
記憶が良い感じにおぼろげになっています。最初は如月瞬の女装は
キツイかなーと思っていましたが、見慣れてきたのか可愛く見えます。

男の子達がワイワイガヤガヤやっている雰囲気が、いかにも
原作の雰囲気。これはちょっと保存しよう。


んでフジのノイタミナ枠で始まったよしながふみ作「西洋骨董洋菓子店」
これは大好きなコミックで、しかもノイタミナ枠ということで
結構期待していたのだけど、一話を見てかなりショックを受けた。
まず原作の絵と似ていない。「誰?コノ人」状態。
声のイメージも合ってないし、なんかすごくお金がかかってない
アニメという感じ。
画面を注視出来ないアニメってのも珍しいかも。

でも原作ファンじゃなかったら楽しめたのかなぁ。



posted by ぐりともる at 22:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

びみょー

やっと今日、手嶌葵ちゃんの新アルバム「虹の歌集」が届きました。
一通り聴いてみましたが、なんだかびみょー。
まぁ詳しいレビューは後日にでも。結構辛口になりそうです。

KOKIAのDVDが発売されて、まだろくに見てもいない内に
次のアルバムの発表ですよ!
A012051.jpg
「Fairy Dance 〜KOKIA meets Ireland〜」9月24日発売
  1. Lydia〜Fairy Dance
  2. song pf pocchong〜雫の唄
  3. 悲しくてやりきれない
  4. Black is The Colour
  5. 蘇州夜曲
  6. Siuil a Run
  7. そのままでいい〜be as you are
  8. aimse im Chodladh

すごい働き者ですね〜!KOKIAさん。
8月に生歌が聴けるのが楽しみです。海辺だから「人魚の夢」とか
聴きたいなぁ。「キラリ」は割と夏っぽいかな?
暑い太陽の下で「so much Love for you」も久々に聴きたいとか
勝手な妄想ばかりしています。

「歌がチカラ」というアルバムは評価としては今ひとつですが、
こうして考えてみると夏向けの曲ですね。
まぁ発売された時期も夏真っ盛りでしたっけ。
このアルバムが発売された当時、福岡のラジオ局に出演したKOKIAさんに
会ってきましたが、CDケース裏のワンピースを着ていましたっけ。
「あれって自前なんだー」と妙な部分で感動しました。

んで「Fairy Dance」の話ですが、カバー曲が多いんですね。
中でも「蘇州夜曲」は楽しみかも。
この曲は以前東京エスムジカが「題名のない音楽会」に出演した時に
歌って、すごく美しかったので好きになった曲です。

今度の日曜はrica tomorlのライブ2連戦かぁ。
行きたいけど行かれないよー!うえええぇぇぇぇん

posted by ぐりともる at 23:03| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | KOKIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

○○の歌集

手嶌葵ちゃんの「虹の歌集」の感想です。

まず一番初めに聴いた時は「盛り上がりに欠ける」でした。
なんつーか、メリハリがない、退屈な感じです。
本人は「まとまりがない」とコメントしてるみたいですが、
別々の人がアレンジしている割に、どれも似たり寄ったりに聴こえます。

私の聞き込みが足りないと思い、何度も聴いてみますが
気付くと次の曲に移っていて、いつのまにか終わってる。

でも一曲一曲はなかなか粒ぞろいだと思うのです。
「虹」はもちろん、「恋するしっぽ。」もすごく良い。
竹内まりやのカバー「元気を出して」も予想外に良かったし。

けど、アルバムの流れに入ると曲の輪郭がぼやけてしまい
何とも頼りないアルバムとなってしまいました。
一番インパクトがあったのが最後に入っていた「Over the rainbow」の
アカペラという・・・。
実は前のカバーアルバムがでて半年も経っていません。
明らかに作りこみの時間が足りなかったのでしょう。

その割に、新居昭乃さんが作ってボツになった曲もあるんですよねー。
「CHINESE SOUP」カバーよりもそっちの方が聴きたかった!
・・・いや、もしかしたら新居昭乃さんが自分のアルバムに入れて
くれるかも。
ちなみに「雨の言葉」という曲で「メロディ」という曲と
雰囲気が似てるらしい。ああぁぁ、「メロディ」は大好きな曲なのに!

荒井由実「CHINESE SOUP」のカバー、これはもうダメダメでした。
あの曲はユーミンの無機質な声で歌うから、お洒落でコミカルなのです。
壁が白いタイルで、アーリーアメリカン風の広めキッチンで
鼻歌うたいながら料理している雰囲気を、葵ちゃんが歌うと
「爪をたてサヤエンドウの筋をむく」のフレーズが
薄暗い1Kのアパートのキッチンで真剣な顔をして、必死で筋を取る様子で
浮かんできてしまうのです。こえー。
とにかく曲が声質に合っていません。と、いうのも手嶌葵ちゃんの
声には妙に説得力があるので、説得力の不必要なこの曲は
不似合いすぎるのです。

逆に竹内まりやの名曲「元気を出して」はとても優しく歌っていて
非常に良い雰囲気が出ています。これはライブで聴いてみたい。

前々作「春の歌集」がものすごく良いアルバムだっただけに
今作の「虹の歌集」は残念だったというのが正直な感想です。
聴いた印象では「霞の歌集」とか「霧の歌集」という感じ。
カバーとかじゃなく、ちゃんとしたオリジナルアルバムを聴きたいです。
ファンは別に量産を望んでいるわけではないのですからね。

あ、まだ特典のDVD見てないやー。



posted by ぐりともる at 21:13| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。