2009年07月05日

ミソギ?

菅野よう子「七夕ソニック」、いよいよ明後日とかちょっともう!?
当日はお天気が怪しいので、折りたたみ傘か向こうでコンビニ傘買うか
悩み中です。折りたたみ傘、どこにしまったっけ?

誰にも会わないのに、眉毛カットしたりマニキュア塗ったりしてます。
普段しろよ!会社に行く時、もうちょっと身なりをどうにかしろよ!
と、自分に突っ込みたくもなるのですが、まぁ仕事は日常だからねぇ。
ライブは「ハレ」で仕事は「ケ」ですよ。

それにしても最近ドライアイが酷くて、メガネで過ごしてたら
眉毛のボサボサっぷりがすさまじかったよ。
一ヶ月に一回はライブに行かないといかんねー。

そういえば、Sweet VacationがNHKに出演したのを見たよ。
歌はライブと思ったらPVだったんでちょっと残念。
もうすぐタワレコ限定で「あいにいこう 〜I・NEED・TO・GO〜」が
発売されますが、30枚限定でナンバリングとサイン入りだって。
なんか「チャーリーとチョコレート工場」思い出したよ。
私の手元にも来ないかなぁ。
posted by ぐりともる at 11:46| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 菅野よう子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pop save the world!!

Sweet Vacationのアルバム「pop save the world!!」が8月5日に
発売ですよー。

amazonで見てたら、通常盤よりも初回限定盤の方がちょびっと安いのに
気付いたのでamazonで買うことにしたよ。なんと890円も安い!
いやまぁ、もともと限定盤買う予定だったけど、安いと嬉しいし♪

pop save the world!!(初回盤DVD付)

pop save the world!!(初回盤DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/08/05
  • メディア: CD



1. sexy girl returns ~intro~
2. why don't you(2nd edition)
3. あいにいこう ~I・NEED・TO・GO~(2nd edition)
4. キラメキジェット
5. さよならマイデイズ(2nd edition)
6. Vacation ~Interlude~
7. Life is MiRACLE
8. Magical Mystery Tour
9. Brandnew Wave
10. Shooting Star
11. 8bit darling
12. Escape!!
13. I miss you ~ユメデアエタラ~
14. believe in,pop will save the world? ~outro~

このMayちゃん、アダルトな雰囲気でカッコ良いね。
福岡にインストアライブに来てくれないかなぁ。
野太いコールされる早川さんを見てみたい。
posted by ぐりともる at 19:19| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sweet Vacation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

七夕ソニック祭り終了!

何から書いて良いものやら。
全て楽しくて仕方のなかった菅野よう子ライブ「超時空七夕ソニック」
が終わってしまったよー。

まぁいいや、たらたら書いてみようか。

パンフ欲しかったけど、長蛇の列が出来てて2時間待ちというのを聴いて
あっさりと諦める私。そして6時ちょい前に会場へ到着です。
座る場所によって入り口が違うのだけど、アリーナの入り口どこかいな
と探してもよくわからなくて、拡声器でアナウンスしてた人の場所に
戻って確認してから戻ろうとして、ある人に目が留まる。

あの金髪の女性、え?まさか。
でも周りの人、誰も反応してないけど
いや、似てるよね?え?え?
連れの人と話してる所にそっと近づいたら、間違いない!!
この声は新居昭乃さんじゃないかーーー!!

小さな声で「新居昭乃さんですか?」と声を掛けたら
驚いた顔で振り向きながらも「はい」と答えてくれたので
何故か慌てて「今日福岡から来たんです。またぜひ福岡でライブして下さい!
前行ったライブがとても素敵だったので」と一気に話してしまった。
にこにこしながら「ありがとうございます」と答えてもらって
超舞い上がる自分。しかしここで騒ぎ立てると、菅野ファンの中の
新居昭乃、まさに狼の群れに放り込まれた羊状態になるのは
目に見えているのでこっそりとお辞儀をしつつお別れしました。
(ちなみにブログ読んだら連れの人は保刈さんだったらしい)

なんたる幸運!!パンフ買えなかったけど、そのお陰で超ツイてる!
あ、でもここで会うということは、絶対にゲストではないという事かぁ。
とかなんとか考えながら入場しました。

19時きっかりにライブ開始!
今まで携わった数々のアニメ作品が曲とともにスクリーンに
映し出されて、その度に歓声と拍手が沸き起こります。
やがて流れてきたのは「トルキア」!
ステージに並ぶ5人の歌姫、花道を歩く姿はパリコレのモデルみたい。
カッコいいよぉ。坂本真綾、ORIGA、山根麻衣、May'n、中島愛の
5人がこうして並ぶだけで壮観です。

5人でトルキア歌ってるし、ダンサー出てきたりするし、ライブというより
ショーですよ。
んでこの日のセットリスト(mixiより転載)

01.トルキア /vo.歌姫全員
 ;1サビで歌姫全員登場、2サビで菅野よう子登場
02.inner universe 
03.ライオン 
04.player 
05.Want it all back
06.What planet is this?!
07.地球共鳴 /vo.歌姫全員
08.piano solo
 ;7月のラクエン⇒go to "rakuen"
09.タチコマの家出
10.はとどけい
 ;バカボン鈴木、MATARO、菅野よう子による演奏
11.Cat Blues
12.be human 
13.tune the rainbow 
 ;アカペラ
14.VOICES /vo.中島愛
15.ダイヤモンドクレバス 
16.gravity 
17.THE GARDEN OF EVERYTHING 
18.Could you bite the hand
19.Call me Call me
20.約束はいらない
 ;アカペラ⇒バンド⇒ワルシャワフィル登場
21.射手座☆午後九時Don't be late
22.星間飛行
 ;途中でシートベルツのメンバー紹介でキラッ☆
 ;続けて客席もキラッ☆
22.超特盛メドレー
 01.Genesis of Aquarion /vo.May'n
  ;サビ大合唱
 02.What 'bout my Star?
 03.愛・おぼえていますか
 04.私の彼はパイロット
 05.Welcome To My FanClub's Night!
 06.プラチナ /前半のみvo.May'n、中島愛
 07.rise
 08.インフィニティ
 09.ヘミソフィア
 10.beauty is within us
 11.ELM /vo.ORIGA
 12.奇跡の海
  ;イントロのみ(ブリッジ)
 13.After, in the dark
  ;イントロのみ(ブリッジ)
 14.RAIN
  ;2コーラス目よりFemale Vocal version
 15.蒼のエーテル
  ;途中May'nによる「ダイアモンド クレバス」重唱
 16.Gotta knock a little harder /vo.全員
 17.指輪
 18.THE REAL FOLK BLUES
23.BLUE
<以下アンコール>
An1.Yo pumpkin head
An2.Tank!
An3.オーケストラメドレー
 01.ESCAFLOWNE
  ;導入は「THE VISION OF ESCAFLOWNE」冒頭の雷鳴
 02.White Falcon
 03.Flying Dragon
 04.high spirit
 05.DANCE OF CURSE
 06.shiro, long tail's
 07.DOG FIGHT
 08.ESCAFLOWNE
  ;再び「THE VISION OF ESCAFLOWNE」冒頭の雷鳴から
 09.THE STORY OF ESCAFLOWNE ~END TITLE
An4.SMS小隊の歌 /ワルシャワフィルによる
  ;捌けていたSEATBELTSが行進再登場
An5.アナタノオト
  ;サビ大合唱
An6.End title ノスタルジーナ
An7.MOON /vo.菅野よう子 as Gabriela Robin

「トルキア」途中に菅野さん登場でゆれる場内!
うわー、ホンモノの菅野さんだよ!可愛い・・・
作曲家だけどシンガーよりも主役って、凄いと思うよ。

「inner universe」はORIGAとコーラスに真綾ちゃん。
ORIGAの生歌は初めて聴いたけど、すごいなー上手いなーと。
出し惜しみしない曲の数々に、菅野さんの代表作の多さにびっくりです。

全部のサントラもってないから、ビバップとかエスカとかターンAとかは
よくわかんなかったけど、周りの反応が薄かった「はとどけい」は
ナップルテールの曲だから判ったし、嬉しかったよ。

長くなったのでまた続きは今度。
posted by ぐりともる at 00:15| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(3) | 菅野よう子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

七夕ソニック・・・続き2

風邪引いて、おっさんみたいな咳をしております。
家人曰く、「菅野熱」らしいです。
あれだけ興奮すれば、熱が出ても不思議ではありませんが
19日には昭乃さんのライブに行くんだよ!!
ライブ中の咳はうるさいから、治らないと困るんだよー!


んじゃ相変わらず、つらつらと書いてみます。
「ライオン」は二人ver.。相変わらずMay'nは風格あるよなぁ。
衣装が最初ボディコンスーツに見えてしまって、
ぱんつ見えるじゃん!とか思ったらショートパンツでした。
中島愛ちゃんはいかにもランカっぽい衣装。黄色っぽい服だったかな?

ここで感心したのがMay'nのダンスの上手さ。
元々歌は上手いなと思っていたけど、ポーズとか全てピタッと決まるし
さすがダンサー従えているだけあるなぁと思った。
「地球共鳴」でプロのダンサーと一緒に布を持って踊っていたけど
May'nにばっかり目がいってしまって、中島愛ちゃんは
まったく目に入らなかったよ・・・・。愛ちゃんごめんよ。

PlayerではまたORIGAだー!!カッコいいよねぇ。あの歌声だけで
芸術品ですよ。途中のラップの部分は山根さんが客を煽ってました。
なかなかロックな姐さんだ。

Want it all backで山根姐さんの番です。
ちょっと声が聴き辛いなーと思ってたら、歌詞間違えてたらしい。
この曲の時は歌姫3人(坂本、中島、May'n)がコーラスガールっぽい
振り付け。(デューワーって感じの。わかるかな?)
皆可愛いんだけど、やっぱり手を伸ばした格好とかピタッと決まる
May'nばっかり見てました。私の席からは一番遠かったんだけどね。
雑多なお祭り騒ぎで楽しかった。

What planet is this?! はホーン隊のための曲。
トランペットクルクル回すお兄さんとかいたよ。

菅野さんのピアノソロではみんながシーンと聴き入ってました。
菅野さんの生ピアノ、初めて聴くよ。のだめじゃないけど
音が多彩で、1台のピアノで演奏してるようには聴こえなかった。

んで「タチコマの家出」ではひよこの格好した少女二人が可愛く
ステージで踊ります。んで菅野さんのピアノにちょっかいを出して
菅野さんに追い払われる。度重なるひよこたちの「遊んで」攻撃に
菅野さんもピアノを離れてステージの先端へ・・・

と、ここできたのが「はとどけい」!
まさかナップルテールからやるとは思わなかったよ。
周りからは「何の曲?」という話し声も聴こえてたけど、かなり
嬉しかったなぁ。
メロディーの途中途中で変な鳴らし物を忙しくいじりながら、
最後はひよこをぷうぷうと鳴らして、はとどけい終了。
ん?ひよこどけいって事かな?

セリで「はとどけい」グッズが消えた後のステージを掘る菅野さんと
ひよこ達。
その後ろにせくすぃーな黒猫のイケ面ダンサー出現です。
「Cat Blues」に乗せて、ちょっとピンクパンサー風味に
レトロな黒猫の絵がスクリーンに映し出されます。

ひよこを狙うイケ面せくすぃー黒猫。
菅野さんもひよこもロボコン殴り(わからんよなあせあせ(飛び散る汗))で
立ち向かいますが、全く刃が立たず・・・と思ったところで
菅野さんが黒猫の尻尾をひっ捕まえてスッポンと抜いてしまいました。
いきなり威勢が悪くなって、親衛隊にも去っていかれる可哀想な黒猫。
戦利品を首に巻いて喜ぶ菅野さん。ああ、可愛いぞ、可愛いじゃないかぁ!

んでステージに現れるひげもじゃの男性。
ひよこ達がそっと椅子に導いて、座ったまま歌い始めるのは
「be human」。おお、こんな人が歌っていたのか!
これは歌詞が泣かせる歌だよねぇ。大好きですよ。
それにしても優しくて良い声だなー。


短いけど今日は疲れたのでここまで。
(このペースだと書き終わるのに最低でもあと5回はかかりそうだ・・・)

posted by ぐりともる at 23:56| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 菅野よう子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

閑話休題

19日にZepp大阪へ新居昭乃さんに会いに行くために
「ソラノスフィア」買いました。

ソラノスフィア

ソラノスフィア

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2009/04/29
  • メディア: CD



このアルバムは買う予定だったのですが、出費が嵩んでいた時期だったので
見送っていたのです。
んで今日聴いてみたら良いアルバムじゃないですかー!
発売日に買っておけば良かったよ。
前の「エデン」というアルバムよりもこっちの方が好みです。
ライブ栄えしそうな曲が多いね。

かなり楽しみです!
でもその前にたなそにレポ書かないと〜。

posted by ぐりともる at 23:26| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

七夕ソニック続き・・・その3

今回でこのレポを完結させたい・・・がんばろう。

「ま〜もり〜た〜い♪」と響き渡る天上の声。
「tune the rainbow」を真綾ちゃんがアカペラで歌っています。
ああ、なんて綺麗な声。ライブDVD見たときは「昔の声のほうが
良かったよなぁ」と思ってちょっと残念だったのだけど、菅野さんと
一緒にやるとあの美しい声に戻るのかしら。
普通ならこんな大勢の前でアカペラで歌うとか、緊張して声が震えたり
しそうなものだけどさすがベテラン、堂々と繊細に歌い上げます。

んでそれに続いて中島愛が「VOICES」を披露。
出だしは良かったけど、後半がダメダメでした。鐘ひとつです。
(原曲を愛しているのでかなり厳しいです)

「ダイヤモンドクレバス」は相変わらず泣かせるねぇ(泣かないけど)
シェリルの歌を全て自分のものとしてしっかりと歌いこなすMay'nは
流石ですが、中でもこの曲は聴く度に心動かされるものがあります。
途中アカペラ部分もあったりして、本当に熱唱でした。
うむ、良い!

「gravity」これは生で聴きたかったので嬉しかった!
良いですよ。白い衣装の真綾ちゃんが神々しいです。
んでそのまま「THE GARDEN OF EVERYTHING」へ。Steve Conteとの
デュエットですが、ちょっと声量的に押され気味で
真綾ちゃんの声が余り聞こえない所がありました。
あと何か聴いてて違和感があって、どこがどうとはわかんないのだけど
テンポとかハモリが何か微妙に噛み合ってないような感じがしました。
歌い終わると、ステージに現れた怪人のマントに包まれて真綾ちゃん退場。

Steve Conteはギターをかき鳴らしながら「Could you bite the hand」
「Call me Call me 」を熱唱。でも私はこの曲を知らなかったので
ちょっと残念。かなりカッコ良かっただけにね。

次の曲では大きな歓声が。
「約束はいらない」のアカペラです!これもアカペラかな?と
思ったら、菅野さんのピアノであの前奏が鳴り響きます!
菅野さんのピアノでこれがずっと聴きたかったんだよーーー!
いいねぇ、音が素晴らしいよ。こんなん聴いたらCD聴けないじゃん!
とか思ってたら、1番が終わったところで菅野さんがエンドステージに
向かって走って行ったよ。
何?と思ったら幕が開いて、そこには待ちに待ったオーケストラが!!
うわぁうわぁ、なんだこれー!ヤバイ、泣きそうだよ。
オーケストラバックに歌う真綾ちゃん。バックに負けないように
声を張り上げ気味になってるのが可愛いねぇ。

興奮冷めやらぬままに「射手座☆午後九時Don't be late 」でもってけー!
バズーカ砲ですぱぱーん!!とやってみたり、シェリルのステージ
そのままな派手さ。いやー楽しい楽しい。
んで「星間飛行」は会場のあちこちに向かって「キラッ☆」
これはいかにもなアイドルコンサートって感じです。中島愛ちゃんの
履いているブーツが黄色くて、これってひよこ意識してんのかな?と。
菅野さんとMay'nが一緒に踊っていて、2人とも中島さんより
踊りが上手でした。

超特盛メドレーはこんな感じ。

 01.Genesis of Aquarion /vo.May'n
  ;サビ大合唱
 02.What 'bout my Star?
 03.愛・おぼえていますか
 04.私の彼はパイロット
 05.Welcome To My FanClub's Night!
 06.プラチナ /前半のみvo.May'n、中島愛
 07.rise
 08.インフィニティ
 09.ヘミソフィア
 10.beauty is within us
 11.ELM /vo.ORIGA
 12.奇跡の海
  ;イントロのみ(ブリッジ)
 13.After, in the dark
  ;イントロのみ(ブリッジ)
 14.RAIN
  ;2コーラス目よりFemale Vocal version
 15.蒼のエーテル
  ;途中May'nによる「ダイアモンド クレバス」重唱
 16.Gotta knock a little harder /vo.全員
 17.指輪
 18.THE REAL FOLK BLUES

怒涛のメドレーだったのですが、これだけは言いたい!
なんで「After, in the dark」イントロで終わってしまうんだよぉ。
これ、大好きなのに!イントロ流すんならワンコーラスでも
歌って欲しかったのにいぃぃぃ(号泣)
かなり肩透かし食らってしまいました。

「プラチナ」は最初中島さんが歌い始めたので「なんで?」と思ったら
すぐに真綾ちゃんが赤青黄の羽のたくさんついた衣装で
飛び出してきたのがなんともキュート。髪の後ろの方が
はねているのもひよこなんだね。

ORIGAは出番が少ないんだから、もうちょっと「rise」を長く
歌って欲しかったなぁ。

んで「BLUE」−!真綾ちゃんのコーラスがなんて美しいの。
100均で買った青いサイリウムをここで引っ張り出しましたよ。
正直サイリウムは腕が疲れるし、どう扱ったら良いのかわからないので
苦手なのですが、この曲の時はお約束らしいからやらないとね!
出番の少ない山根さんですが、存在感大きいです。
降ってくるような歌声が素晴らしくて格好良くて、
いつまでも聴いていたくなりました。

ここで一旦終了でメンバー退場。

それほど待つこともなくまたすぐにメンバーが戻ってきて
「Yo pumpkin head 」に乗って菅野よう子のひよこダンス。
うおー、菅野さん可愛ええ!ひよこの格好、お尻フリフリ。
一体どんだけひよこにこだわっているんだ。可愛い可愛いー
んで次が「Tank!」です。3,2,1,Let's jam! 
最高に盛り上がるね!この曲はやるのが確実でしたから。
どひゃーと騒いでサックスで盛り上がってなんかもう訳がわかりません。

そしてここからオーケストラメドレーです。
そのアニメの名場面のシーンと合わせて流れているのですが、
私の席からはほとんどオーケストラが見えなかったので
もうちょっとオーケストラの様子を流して欲しかったのが本音。

エスカフローネからたくさん流していたのだけど、私はエスカの曲が
余りわからないので残念。「エスカ!フローネ!」ってのは知ってるけど。
合唱団の人たちの歌声が迫力あって最高でしたよ。
マクロスプラスとアクエリオンから流れたのは嬉しかったけど
大好きなブレンパワードから1曲もなかったよ。
OP映像で裸のムスメ達のたくさん出てくるシーンが流れたというのに。

んで軽いノリで流れてきたのは「SMS小隊の歌」。
こんな曲にオケ使うんですか?さすがカンノヨーコ。
大合唱してるとメンバー登場。
ここでMCがあったんだっけ?「カンノヨーコでしたぁ」と
例のフニャフニャ声に会場が笑いに包まれる。
「平日というのにこんなにたくさん来てくれやがってありがとう」
らしいな!菅野さんらしいな!

その後は中島さんが「みんなこれ知ってるよねー」と手をぱふぱふ。

知らんがな。

菅野さんがアコーディオンをセッティングして始まったのは
「アナタノオト」ならぬ「アヒルノオト」。
「どくんどくんどくん」のところをぱひーぱひーぱひーと鳴らすらしい。
ひよこ持ってないのでひたすらステージ見てました。
みんなニコニコしててすごく幸せな気分です。

「End title ノスタルジーナ」が演奏されている間
リハの風景が流れて、これでいよいよライブが終わってしまうんだと
誰もが思っていたその時、指揮を終えて振り向いた菅野さんの
前にはマイクスタンド。


え、まさか


まさかまさか


流れてきたイントロは「MOON」

嘘でしょう?

そして、菅野さんはゆっくりとCDと同じ声で歌い始めました。
Gabriela robinの曲を。

菅野さん=Gabriela robinというのは公然の秘密で、
でも本人からばらすことはないんだろうなと思っていたのに

以前はこの「MOON」はORIGAが歌って、菅野さん=Gabriela robin説を
煙に巻いていたのに、今こうして皆の前で、私の前で歌っているよ。

それまでニコニコしてたのにものすごく緊張してて、声もちょっと
震えてて、私たちを楽しませるためにこんなに頑張ってくれた菅野さん。
何か色んな思いがどーっと溢れて来て、ついでに目からも涙が
どーっと溢れましたよ。もう目を見開いたまま泣きまくり。

2番からは声もしっかりと出て、特に高音の伸びが凄かった。
作って演れて踊って歌って惚れさせて全てが一流、なんて天才。
そうして静かにステージが終わったら、これ以上思い残すことはないよ。
すごくすがすがしい気持ちで会場を後にしました。
後ろの方で何か騒いでいたみたいだけど野暮だねぇ。

というわけで、何とか七夕レポ終了です。
この後にもまた素敵な出来事がありましたよ!続きを読む
posted by ぐりともる at 02:36| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野よう子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

新居昭乃ライブ「ソラノスフィア」@大阪

今日東京公演が終わったので、レポ書きますよ。

7月19日Zeep大阪にて行われた昭乃さんのライブに行って来ました!
まずはセットリストから。

  OPENNING
  鏡の国
  Monday,Tuesday
  ターミナル
  きれいな感情
  虹色の惑星
  The Tree of Life
  ノルブリンカ
  印象
  太陽の塔
  adesso e fortuna 炎と永遠
  夜気
  Lhasa
  ガレキの楽園
  降るプラチナ
  鉱石ラジオ
  Orient Line
  Haleakala

 【アンコール】
  蜜の夜明け
  美しい星

開場時間は20分程遅れてようやく入場。
グッズは普段余り買わないのだけど、デザインがとても可愛かったので
Tシャツとトートバッグを購入。
090720_194924.JPG

お客さんは男女比4:6というところかしらん。
意外と女性が多かった。以前福岡でのライブに行ったときは
微妙に男性の方が多かった気がするのだけど。

OPはメインのスクリーンと手前の紗幕にメンバーの名前が
映し出されて相変わらずカッコいい!
前は3面スクリーンで拡がりを見せていたけど、今回は奥行きがあって
立体的な表現になりました。

登場した昭乃さんはウェーブした金髪、ゆったりとした黒の衣装と
魔女度がかなりアップ。遠目に見ると外人さんです。
「鏡の国」は妙に高くて可愛い声で歌い始めたので、まだ声が
出てないんだろうなぁとは思いましたが、子供みたいで萌えました。
「Monday,Tuesday」は歌詞にも出てくる黒い羊がたくさん出てくるVJ。
昭乃さんの絵は素朴で、外国の絵本の絵みたいで上手くはないけど
そこが良いです。

「大阪に来れて嬉しいです」とMC。4年ぶりということは、
私が前回福岡で行ったsora no utaツアー以来だったらしい。
残念なことに、ほぼ東京でしか活動してないのだなぁ。

「ターミナル」ここらへんから声が出始めました。
「きれいな感情」は古い曲ですが、アレンジもしてありました。
前回のツアーはコーラスの方がいたのですが、今回はいません。
昭乃さんの曲はコーラスの存在も重要なのでどうなんだろうと思っていたら
バイオリンがコーラスの役割を果たしていたことにちょっと感動。
確かにバイオリンって人の声と似ているよねぇ。
「虹色の惑星」はVJが「sora no uta」初回盤についていた映像と
同じもの。昭乃さん命名「ナナちゃん」大活躍です。

しばらく「ソラノスフィア」からの曲が続きます。
どの曲かは忘れましたが、紗幕をほとんど下ろして昭乃さんだけが
見えるようにして歌われた曲などもありました。
しかし相変わらず視覚からの演出が凝ってます。
後は会場の音響もなかなか良くて、映像と共に音も複雑に絡み合って
非常に立体的にバランス良く聞こえました。

丸っこい弦楽器を持って渡辺等氏と二人でステージに立つ昭乃さん。
「渡辺さんは弦楽器ならなんでも弾けるという、国宝にしても
いいんじゃないかと思える方」と紹介。
「懐かしい曲をやります」と流れてきたのは、おおー!!
これは本当に懐かしいっ!
OVAロードス島戦記のOP「adesso e fortuna 炎と永遠」ではありませんか!
まさかこの曲が聴けるとは思わなかったよ。
これが聴けただけで大阪まで来た甲斐があります。
ちなみにこのときの楽器はマンドラという楽器でした。

「次のもちょっとなつかしいのを」と「夜気」。
前作のアルバムの曲なので、そんなに懐かしくはないよなぁ?と
思いましたが、好きな曲なので嬉しかった。

「Lhasa」を歌う前に曲が出来た経緯の説明がありました。
「ダライラマが故郷に帰りたいと思っている様子を描いた曲」ですが
白血病と戦っている親戚の女の子がいて、その子が「曲が作りなさいと
言われたから、作るのを手伝って」と言われて、一緒に作り上げたと。
「二胡の音が聴こえた」というので「じゃあ二胡入れよう」と。
残念ながらその子は4月に亡くなってしまったけど、「Lhasa」の印税を
白血病の研究機関に寄付するつもりですということでした。

二胡の代わりにバイオリンで演奏された「Lhasa」の歌声は
静かなのだけどとても響くものがありました。
歌い終わった時の表情は泣いているようにも見えて
その次の「ガレキの楽園」の「僕は戦う 形のないものと」という歌詞が
亡くなってしまった親戚の子の気持ちを歌っているようで
ある意味昭乃さんらしからぬ激しさを感じる歌声でした。
なんかこっちの方が泣きそうになってしまったよ。

んで「降るプラチナ」!この曲大好きなんだよー。
(アルバム「降るプラチナ」に入ってるのはどれも好きなんだけどね)
ここでは小さな電球で雨のように光が降り注ぐのが表現されていて
それはそれは美しかった!この曲だけでもいいから映像化して欲しいよ。

メンバー紹介では
ベース渡辺等さん
「この方のそろCDを聴くと頭痛が治る、薬よりも効く。人生の道標です」
ドラム:ASA-CHANG
「巡礼というCD出しててすごい、大阪ではCMで有名人 お洒落キング」
バイオリン:藤堂昌彦くん
「セレブな弦楽器のグループに入ってる。こんな庶民と一緒にやっていただいて
ありがとう」
ギター:堀越信泰さん
「食べ物や音楽の趣味が一緒。・・・・こんな情報要らなかったですか?」に
会場から笑いが。
エレクトロニカ&ギター:保刈久明くん
「DVDに入っている写真を見ると全て同じ顔をしてて、ASA-CHANGが
『人間としての表現が二次元』ホガリくんシール貼ったような・・・」と
すごい紹介でした。

「鉱石ラジオ」は昭乃さんのリードで手拍子が。
やっぱりこういうのは楽しい。個人的には次の「Orient Line」の方が
手拍子したかったけど、昭乃さんのリードがなかったので、誰もせず。

そしてそしてラストの曲「Haleakala」
やっぱりこの曲は良いね。最近の昭乃さんはこういう曲なかったかも。
CDよりもロック色が強くなっていて、力強くて本当に良かった。

そしてアンコール。
全員がグッズのTシャツに着替えて登場。昭乃さんは黒のTシャツ。
「新しい曲をフルで歌います・・・・って当たり前ですね(笑)」と
やっぱりMCが可愛らしい。「狼と香辛料U」のOP「蜜の夜明け」は
福岡でアニメがやってないので、まともに聴いたのは初めてだったのだけど
タイプとしては「キミニムカウヒカリ」と似ているかな。
歌いだしの部分が月夜なイメージで好きです。

そして本当の最後の曲は弾き語りの「美しい星」
ウィンダリアという昔のOVAでのエンディングに使われたとても古い曲。
てっきりラストには「at eden」が来ると思い込んでいたので意外だったよ。
この曲は家人が大好きな曲なので聴かせてあげたかったなー。


これで約2時間のライブは終わりました。
昭乃さんワールドはやっぱり素晴らしかった。
あの柔らかくて優しい歌声と、ロックな激しくて重い音との
アンバランスさがカッコよすぎる。
Zeep大阪は場所はわかりづらくてイマイチでしたが、音はとても
良かったなぁ。
次回はKOKIAのやった大阪サンケイブリーゼ辺りでぜひお願いします。
あそこは場所も音響も内装もとても良かったので♪

また昭乃さんのライブ、ぜひ行きたいです。
今度は福岡まで来てくれないかなぁ。
更に魔女度がアップしているんだろうなあ。
昭乃さん、素敵なライブをありがとうございました!!

posted by ぐりともる at 00:10| 福岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

おかえり!チビロボ!


おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!

おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



このゲームのCMが流れてきたので発売を知りました。

最近はゲームに疎くてねぇ。
このシリーズはお手伝いする小さいロボットが可愛いゲーム。
まったりとプレイできるのです。

すごく面白いとか、そんなのではないんだけどね、
なんかほんわかしてしまうのです。
買ってしまおうかなー。
posted by ぐりともる at 23:03| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする