2010年06月06日

SAKAE SPRING!

6月5日は瓜生明希葉さんがSAKAE SPRINGというイベントに出演するので
行ってきましたよ。
なんでワンマンライブレポではなく、イベントなんだという感じですが
自分が今実家にいるので、余り長文を書く気にならないという、
それだけの理由です。ワンマンレポは福岡に帰ってから(多分)書きます。

LACHIC presents SAKAE SPRING 2010.6.5
場所:CIPHER THE UNDER GROUND 時間 15:15〜16:00

 【セットリスト】
  tool mouth
  フレグランス
  Escape on Monday
  合間のくちづけ
  Gift
  KEEP LEFT

ライブ会場はとても小さくて50人入るといっぱいになりそうな場所。
ライブ前に音調整に出てきて、色々やっているのを見てるのは楽しかった。
明希葉さんは白いフリルのついた長めトップスに黒いタイトな
ミニスカート、紫のタイツと相変わらずお洒落。
バイオリンの女性はワンマンの時とは違う方でしたが、可愛くて
お茶目な感じです。

ワンマンの時はグランドピアノだったので、明希葉さんが見える場所に
制限がありましたが、今回はキーボードだったのでしっかりと見えます。
ワンマンの時もキーボードが良かったなぁ。でないとずーっと明希葉さんの
背中しか見えない人もいるしね。
たまにはスタンドマイクで歌ったりすればいいかも!

「音合わせの時にしーんと静かだったので、空気を暖かくほぐせるように
頑張ります!」とスマイル全開で歌います。
明希葉さんはお客さんの顔をじいっと見ながら歌うので、私は余り
落ち着いてみることが出来なかったり。ドキドキ。
うーむ、今度からはちょっと離れたとこから見るようにしようっと。

新アルバム「In the souk」について話して、「名古屋も私の中では
soukなの!」と持論を展開してました。
「コーヒーに豆菓子ってどうよ」「しかも豆まきに使うようなそっけないやつ」
「私は…コーヒーにはチョコレートがいいな」そんな会話でバイオリンの
彼女と笑いながら和やかな雰囲気。

「合間のくちづけ」は目をつぶってしっとりと歌い上げて
「Gift」では会場からしっかりと手拍子が。

「ワンマンライブでは、初の!スタンディングだったんですよ!」と
嬉しそうに語る明希葉さん。
明希葉さんの曲ってテンポがいいのも多いのに、なんで殆ど手拍子が
出ないのかしらと、ファン暦の浅い自分にはかなり戸惑いもあったのだけど
誰かがやればやるもんだし、「Gift」は手拍子!というのも出来上がりつつ
あるみたいなので、これからこういうお約束曲が増えるといいかも。

ラストは「Endless story」かと思ったら、ワンマンではやらなかった
「KEEP LEFT」でした。初めて生で聴けたので嬉しい。
結婚式に呼ばれた時によく歌うのだけど、感極まって最後まで歌えない
事もあるので、今日はちゃんと歌います!と、優しく可愛く歌い上げて
くれました。
「東京だけでなく全国…大阪や福岡でもライブをやりたいです!」と
言ってたので、かなり期待です!

続きを読む
posted by ぐりともる at 11:37| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

おや。

サカエイベントのバイオリンの美人さんのブログを発見!
輪月映美さんという方でした。

瓜生明希葉さんのバイオリンサポートの女性は、美しいことが条件なのかしら。
posted by ぐりともる at 11:18| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

5周年!

大声張り上げて言う事でもありませんが、このブログを始めてから
5年が経ちました。

が、日記や手帳が3日坊主の自分にしてみれば、結構スゴイ事です。
「布団よりも暖かいものを探して」というタイトルは、ホントに
何も考えずにつけたので、自分でも正確に思い出せない事も(笑)

東京エスムジカが好きで「江戸むじか」を立ち上げて、ブログの方は
コンテンツの一つに過ぎなかったのに、結局こちらがメインに
なってしまいました。

これからも音楽の話を書いていけたらいいなと思っています。
どうぞよろしく。
posted by ぐりともる at 01:21| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

瓜生明希葉ライブレポ「No souk」

えー、今更感がありますが、5月28日の瓜生明希葉さんのライブレポです。
言い訳させていただくと、ライブ後にそのまま実家に帰り、
そこで長文のレポは書きたくなくて、福岡に戻って書いたのですが、
最近ネトゲにハマってしまい、アップが遅れたという、そんなダメ大人の言い訳でした。


んでは気を取り直して!!

2010/05/28(金)渋谷DUO MUSIC EXCHANGE
瓜生明希葉7thワンマンライヴ「No.SOUK」


100528_164829.JPG

初めて行く明希葉さんのワンマンライブ、この日が楽しみでした。
先行で予約していたチケットを会場にて引き取り。先着順で1ケタをゲット。
渋谷は人が多くて歩きまわる気も起きなかったので、会場前でボーっとしてたら
通りがかった若い女の子が「うり…うりゅ…?きゅうり!!」と読み上げて
一緒に歩いていた人に「うりゅうだよ」と冷静に突っ込まれててちょっと笑った。

開場して中に入ると、ランダムに配置されたミニテーブルと椅子。
東京エスムジカのライブでDUOは来た事があるけど、スタンディングだったり
普通に椅子が並べてあったりで、変則的に配置されてるのは初めて見た。
余裕がある配置に見せかけて、実は前後がギュウギュウというワナ。
けどまぁ、ドリンクがあるのでテーブルがあるのは良かった。

友人に頼まれたTシャツを無事に買って、ホッと一息。
ステージの上にはグランドピアノがどーん。
これは正直どんなもんかなぁと思った。自分は整理番号が早かったから
正面ポジションに座れて明希葉さんの顔もしっかり見えたけど、
ずっと背中しか見えなかったり、ピアノしか見えない人もいたかもしんない。

もちょっとステージが低かったら良いんだろうけど、DUOは改装してから
ステージが高くなっているから、ほぼ座ってステージを見るのを考えると
キーボードで正面向いて弾いてくれる方がよく見えていいかも。
ちなみに、明希葉さんはしっかり見えましたが、ピアノの影のドラムは
全く見えなかったので、MCでドラマーが女性というのもやっとわかった次第。

開演前はミュージカルっぽい曲が流れてて、明希葉さんらしいかもーと思いました。

定刻を10分ほど回って開演。ゴールドのサークレットをつけて
ひらひらとしたくじゃくの羽のような模様のついた服で、
中東の姫っぽい雰囲気の明希葉さんが登場しました。

「tool mouth」
個人的にアルバムで一番好きな曲。出だしのイタリア語?っぽい部分は無しで
唐突に元気よく歌い始めました。
観客のひとりひとりの顔を覗き込むようにしてにこにこと歌います。
「皆さん、こんばんわぁー!!」と元気な挨拶。
『生きてて良かった』の部分、本当に嬉しそうな顔をしていました。

「指先のハチミツで」
おしゃれで上品な曲、CDと同じくころころと歌声が変わります。
『破けたドレスをフリンジに』で自分の服の裾を持ってヒラヒラさせたのが
可愛かった。

「東京に出てきて一人暮らしを始めた頃、どうにも水が合わなくて
全身にブツブツが出来たのね、顔にまで!その跡が残っちゃっているんだけど
出てきた時の気持ちを忘れない為に取っておいてるんです。その時に
作った曲です」ということで

「サークルライン」
「natural woman」


「ボンヌママンを持って」
「この曲は、死ぬってどういうことなんだろうという気持ちを南仏っぽいイメージで
作った曲です」

「「In the souk」というアルバムは、自分のやりたい事を全部押し込んで作った
アルバムで、すごく気に入ってます。soukっていうのは市場という意味で
色んな店があるところです。モロッコのスークに行ったんですが、混沌と
しているんですね。」

「広場で大道芸をしてる人達がいて、見たらチップを渡さないといけないんだけど、
ある人がお祭りとかである息を吹き込むと袋がピュッって延びてくるくるって
戻るの(※吹き戻しですね)をやってて、『日本のと同じだ』と眺めていたら
「チップチップ」って。」
「『何それ!吹いてるだけじゃん!私なら3本同時に出来るわよ!』って感じで、
そんな風に色んな人たちがいる複雑な場所は、なんだか脳みたいだなって。」

「脳って迷路みたいでしょ?だからCDジャケットにも解体新書みたいな絵が
描いてあるんですけど、今回の『No souk』というタイトルは
『脳 souk』と私は迷いたくないという否定の『No souk』、両方の意味を
込めています」
という今回のアルバムのタイトル解説でした。面白い独特の感性だなぁと
思いました。アルバムから、ということで
「フレグランス」 

「なにやってんの」
この曲、とても好きな曲です。仕事でダメダメだった時には本当にしみ込んで
きます。聴けて嬉しかった。

「水玉ドレス」
基本的にアレンジはそれほど変わらないのですが、ドラムやベースの音が
際立っていて、ライブ感たっぷりでした。

「シロツメ草」 
「『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』の舞台の曲なんですが、
自分の両親の出身地が、主人公の両親と全く同じだったので思い入れがあります」

「SFW」
このライブで私が一番印象に残ったのはこの曲でした。
スクリーンにVJが映し出されて、うねり迫るようなジャズっぽいアレンジと
不安を掻き立てるような強い歌声が非常に良かったです。

「door’s」
こちらは心情的に不安な恋愛を謳った歌。明希葉さんの声はとても可愛らしくて
更に歌い方で可愛いを嫌みなくプラス出来るんだけど、この曲を歌う
明希葉さんの声は「大人の女性」で、きっちり歌声を使い分ける事が出来るのが
本当に凄いと思う。

「合間のくちづけ」
この曲は幸せなんだけど、なぜかどこか切ないそんな曲。

ここでMC、「私仰向けがどっち向きかわからなくなるんです」
「名前と物が結びつかないもの、逆にピッタリなものは何?とメンバーに
お題を出しました」とのことで、メンバー紹介を兼ねてトークタイム。
明希葉さんは「私はスポンジとかヒョウタンはすごく合ってると思う!!」

メンバーから出た話で一番ウケていたのが、ドラムの高橋さんが
「私、よく加藤さんって言われるんです」に「ああ!確かに加藤さんだ!!」
と大いに納得する明希葉さん。会場も大ウケでした。
伊賀さんは「ばってらは合ってないと思う」にも納得する明希葉さん。
「ばってらって漬物かと思った」(これはべったら漬けを連想?)

曜日には色が付いてませんか?これって惑星の色っぽいんだけど、
土曜日とつち色じゃなくて爽やかな色だし、、月曜日は月の色じゃなくて、
もっとどべーとしたような色。」というわけで
「escape on Monday」

この曲から明るい曲が始まりました。しかし全く手拍子が起きなかったので
私としてはあれー?な感じ。明希葉さんのお客さんは大人しいなぁ。

「manhhatan」
ここからようやく手拍子がパラパラと。歌声が元気よく弾んでいます。

「ストロボ」
ドラムの音がとにかくカッコ良かった。

「ROUTE66」
ここから明希葉さんの「ちょっと立ってみない?」という呼びかけで
スタンディングに。いやぁ、この曲は立って当たり前だよね?
シャウトしてる部分が超可愛い。
あとこの曲で初めて明希葉さんが椅子から立ちました。(途中からピアノ弾かないと
いけないので座りましたが)
1曲まるまる立って歌う曲があっても良いんではないのかなーと思いました。

「Gift」
名古屋でもそうだったのですが、この曲は始まった途端にちゃんと手拍子が
起きます。歌詞の一部を「たまには二人でsoukに行こうよ」と歌っていました。
最高に盛り上がりました!

「お座り下さい」で笑いながら着席。
「soukでは子供たちが稼ぐために道案内をするんだけど、適当なところに
連れていかれてだまされるのね。でもお礼にあげたアメや食べ物は
子供たちは大きい子供に持って行って、みんなで分けるの。
だますのはいけないんだけど、優しさはみんな持っているの。

あと砂漠の先住民の人と話した時に『何を愉しみにして過ごすんですか』と聞いたら
生活のために食べ物を調達したり水を汲みに行くのが生活。
無事に水が汲めて、きちんと生活出来るのが幸せというのを
きいて、自分は幸せになるために欲しい物があったり、他人から「幸せそう」と
見られたくて一生懸命になったりするけど、幸せはそれぞれの中に
些細であってもあるので、それを見つけていきたいです」


「a piece of laughing」
スクリーンに映し出される数々の写真。抗争だったり子供たちの顔であったり
私たちが見ると大変だな、不幸だなと感じる異国の地の日常の写真。
想いが溢れたのか、涙声で歌い上げていました。
アルバムで聴いた時は正直それほど印象に残る曲ではなかったのですが
その分、こうして明希葉さんの想いや映像をみると心に迫る大きな曲に
なりました。

 <アンコール>

「今回『In the souk』を作り上げた時にすごく満足しちゃったんだけど
今回ドラムが入ったことでイメージが湧いてきたので
バンドの曲、踊れるような曲もやってみたいなぁと思い始めてきました」
と、嬉しい発言。次回作へ大いに期待してしまいます。

「バイバイ、メランコリー! 」
この曲やらないのー?と思っていたらアンコールで来たので嬉しかった。

メンバーの今回の衣装は「モロッコ」のイメージで。
男性陣は「商人っぽい」と女性陣からは評されたということでした。

「ずーっと思い悩んでいる時、何かの拍子に晴れ渡った空が見える事が
あるんですよね。何もしなくても、時間が経つと解決したりするのが
何回も経験してるのに、その事はすぐに忘れちゃう。
こういう時もあるよね、というそのことをこの曲で思い出して下さい」

「違う夜」
大好きな曲。あまり詞の意味はよくわかってなかったのだけど
明希葉さんの話を聴いて、更にこの曲が好きになりました。

2度目のアンコール。soukシャツを着て登場の女性陣。
「このTシャツ買って下さった方ー?」でパラパラと手が挙がります。
「まだ売り切れておりません。限定なのにぜひ!あとどんどん着て下さいね。」
そして最後にはやっぱりこの曲。「大好きな曲です」ということで

「Endless story」
ドラムが入ったことで、さらに拡がるストーリー。
たくさんの笑顔と拍手で「No souk」は終わりました。

全21曲、休憩を入れることもなく2時間半に渡るライブでしたが、
パワーは全く落ちる事なく、最後まで力強く、しっかりと心に届く歌声でした。
明希葉さん、ぜひ福岡でもライブして下さいねー!!


   【セットリスト】
  1. tool mouth
  2. 指先のハチミツで
  3. サークルライン
  4. natural woman
  5. ボンヌママンを持って
  6. フレグランス
  7. なにやってんの
  8. 水玉ドレス
  9. シロツメ草
  10. SFW
  11. door’s
  12. 合間のくちづけ
  13. escape on Monday
  14. manhhatan
  15. ストロボ
  16. ROUTE66
  17. Gift
  18. a piece of laughing

   *アンコール*
  1. バイバイ、メランコリー!
  2. 違う夜
  3. Endless story
posted by ぐりともる at 03:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

志方あきこ「Harmonia」購入

ゲーム「アルトネリコ3」のサントラを買ってから、
何となく気になっていた志方あきこさんのアルバムを買いました。

Harmonia

Harmonia

  • アーティスト: 志方あきこ
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2009/03/18
  • 価格: 3,150円(税込)



このCDは去年発売されたものですが、現時点では最新アルバムです。
エンヤみたいに多重コーラスの曲が殆どで、壮大です。

この方の声質は実は余り好きではないのですが、ゲームっぽい
こういう音楽は非常に好み。バラエティにも富んでます。

タワレコか、ギガならポイントで1000円引きで買えるけど、
天神まで行くと交通費だけで600円以上かかるんで、何かの用事の
ついでに買おうと思ってたら、今日出掛けたショッピングモールにタワレコが!
しかも今日はポイント3倍の日だったので、いそいそと買ってしまいました。
全17曲で約72分というボリューム、これからじっくりと聴いてみようっと。
posted by ぐりともる at 01:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。