2011年12月13日

新居昭乃「White Planet」ライブ@大阪なんばHatch

あ、会場入り口写真撮り忘れてしまった…

年末恒例の新居昭乃さんライブ。といっても私は年末ライブは2度目の参加。
去年は東京2Daysだったのですが、今年は東京と大阪の2公演。
というわけで、大阪の公演を観に行って来ました!

今年は遠征が非常に多くて、このライブに行くのもどうしようと
迷っていたのですが、結果としてやっぱり行って良かった!
去年の日本橋三井ホールの時は音が酷すぎて、ライブ内容は
良かったのに心底楽しむことが出来なかったということがありました。

この会場はどんなところだろう。
入ってまず思ったのが、「ステージ高っ!」です。
ライブハウスでここまでステージの高いところは珍しいかも。
140位はあったような気がします。
スタンディングだと良さそうですが、椅子席だと首が(笑)

昭乃さんファンの方と「二階席で見たいねぇ」と話しつつ。
天井も高いのでVJが映えそうです。

15分位遅れて開演。
オープニングが流れる中、手前のスクリーンには
星達の流れる映像と共にメンバーの名前が映し出されます。

メンバーが出てきて、昭乃さんも登場。
黄色いゆったりとしたドレス姿で脇から背中にかけてたくさんのドレープ。
こういう明るい色の服ってちょっと珍しい?
ステージにはシンメトリな2本の木と真ん中にお城。
空にWPの入ったロゴと、全て昭乃さんデザインです。

1曲目は「降るプラチナ」
冬っぽい深々としたアレンジだったような気がします。
サビの部分ではお城の窓から溢れ出す雪?のような画像。
最初からよく声が出ているなぁという印象です。

「こんばんは、新居昭乃です」という挨拶が入り
2曲目に「Orient Line」。
これは割とCDに近いアレンジでした。

「花かんむり」弾き語りでは何度も聴いてましたが
バンド形式で聴くのは初めて。アコースティックなアレンジです。
お城の真ん中部分にくるくるとお花が投影されます。

この時位に、実はお城や木が実際のセットだったことに気が付きました。
全てがVJだと思っていたので、こんなに大きなセットを用意したんだ!!と。
真っ白に形抜きされたセット(立体的に置いてある)に様々なものを写していて
どうやってこんな事考えつくんだろう!とえらく感動してしまいました。

「Ekleipsis」「The Tree of Life」「Monday,Thuesday」は
3曲続けて。「Monday,Thuesday」のマー君バイオリンが美しすぎる!
そういえば去年のステージは向かって左から
堀越さん、藤堂さん、細海さん、保刈さんだったのだけど、
今年は堀越さん、保刈さん、細海さん、藤堂さんでした。

ここで「早いですが…」とメンバー紹介。
保刈さんを「一応、バンマスです(笑)」と紹介してました。

次回のアルバムに入ることを紹介して「ガリレオの夜」。
可愛く歌っているのに切ない歌。
細海さんのキーボードの音が可愛かったです。

余談ですが昭乃さんの衣装、後ろのドレープの裾が何度も靴に引っかかって
昭乃さんがコケやしないかとヒヤヒヤしながら見守っていました。
きっと会場全体が同じ気持ちだったはず!w
終わりの方で「これ、明日はなんとかします…(笑)」と話してました。

次は新曲「Fly me above」
美しく優しい曲で、キャッチャーな曲。昭乃さんがタイアップで作りそうなメロディでした。
マー君のバイオリンの音色が素晴らしいです。
「この曲は自分が歌うことは余り考えてなくて、聖子ちゃんに歌って欲しいという(笑)イメージで
作りました」というコメントに、ちょっと松田聖子ver.も聴いてみたいなと思いました。

「tune」は良いです。とにかく良い!
昭乃さんのピアノとバイオリンのみの演奏だったかな?Little Pianoツアーでも歌って欲しいです。

「タイレル」はイントロでキターーー!!と思いました。
これ、ソラノスフィアツアーのOPがイントロなのです。
この時のステージは薄いカーテンが開演前と同じように降りていて、緑がかった攻殻機動隊の
アニメで見られそうな、機械社会を暗示するような映像が映し出されていました。
去年聴いたときは音の酷さでどこか不安な気持ちになる曲だな、と思ったのですが
今回聴いた時は「激しめの鎮魂歌」というイメージを持ちました。

そして切れ目なく「星の雨」
低音が効いていて、バンド形式のライブならではの音作りです。
原曲のイメージを残しつつ、今の昭乃さんの曲になっていました。

そして更に続けて「Reincarnation」
この3曲はこのライブの目玉だったと思うのですが、この曲のアレンジには
度肝を抜かれました。
元々はそれほど好きな曲ではなかったのですが、今の昭乃さんの声で
聴いてみたいという希望も叶い、大胆すぎる激しい躍動感溢れるアレンジ。
全力疾走の心臓の鼓動のようです。圧倒されて呆然と聴いていました。
この時のびっくり度は「凍る砂」をライブで聴いた時と同じものだったかも。
これは本当にもう一度見たいです。昭乃さんもTwitterでライブver.を
撮り直したいという希望をおっしゃっていたので、可能性はあるのかも…!

「Our children's Rain song (新曲)」は元々「Grayish Rain」という
タイトルでした。投影された映像がドロドロと溶け落ちていく不気味な
雰囲気が、「アトムの光」という曲を思い出させます。
「この曲はなんて書いてあるのか、CDが出たら歌詞を読んでみてくださいね」

ここでまたメンバー紹介。昭乃さんはメンバーが大好きで
きっとお客さんにもメンバーの事を知ってほしいんだなぁ。
「バイオリンのマー君はFNS歌謡祭にもずっと出ていて
あと菅野よう子さんのお気に入りでもあります」

「細海魚くんは、最近ヒゲが生えてきてオトナになってしまった(笑)
魚くんのアレンジは無音系か、…轟音系?
さっきのReincarnationのアレンジも魚くんでした。」

「スナフキンのようないでたちの堀越さんです。
レコーでディングしてたら堀越さんから電話がかかってきて、
『昭乃ちゃん、iPhoneにWi-Fiつけた?』って…。
Wi-Fiって元々ついてますよね…?ってあれ?変な空気になっちゃった(笑)
ポケットWi-Fiをつけられそうになったのを、私が止めました」

「このメンバーはとてもピュアなので、騙されちゃうかも、
ピュアなハートの人ばかりなので『ピュアハートバンド』かな?って
名前をつけてみました」とちょっと照れつつ嬉しそうに話す昭乃さん。

「保刈くんは最近Twitterでつぶやき始めて、それがとても
可愛くて面白いので、ぜひ見てみて下さいね」

「私の中での恋の歌を歌います」ということで「蜜の夜明け」。
昭乃さんは要望の多いアニメタイアップソングもライブに取り入れて
歌ってくれるので嬉しいです。「ソラノスフィア」ツアー以来かな?
こうして聴くと、オリジナル曲とタイアップ曲は確かにちょっと
雰囲気が違う気がします。

「願い事」はアラビアンな感じのイントロで、始めは何の曲か
歌が始まってもしばらくわかりませんでした。
ちょっぴり気だるい雰囲気の「願い事」。でも低音は効いてました!

そのまま聴き覚えのあるイントロ。「キミニムカウヒカリ」だ!
これタイトルが好き。カタカナの羅列が素敵。
聴いてるとなんだか幸せな気分に満たされて、泣きそうになりました。

更にメンバー紹介の後、ピュアハートバンドの皆さんは舞台袖へ。
静かに弾きだしたのは「虹」昭乃さんも手嶌葵ちゃんも定番の曲になりました。
超名曲です。いつか昭乃さんの時の歌も聴いてみたいな。

「ありがとうございます」と挨拶をした昭乃さんへ大きな拍手と
やがてアンコール。
戻ってきた昭乃さんに更に大きな拍手。

「一生懸命歌いました。今頭の中が真っ白になってしまって…すいません(笑)」
とニコニコする昭乃さん。1曲目を歌った時は表情が硬かったけど
すっかりほぐれているみたいです。

「私はライブの前はピアノの練習もしているんですけど(笑) 今回は
殆ど絵を描いていました」と舞台セット、グッズの紹介です。
「今回のおすすめはスタジャンです(笑)」
「バッジは曲のイメージで作ったもので、ぜひ見てください」
「アロマキャンドルはたくさんニオイを嗅ぎすぎてわからなくなったり(笑)
鳥が中に浮かんでいるんですが、最後まで残るので、
あの、残酷なことにはならないので(笑)安心して使って下さい」

「マー君、クリスマスっぽい曲をお願いしまーす」ということで
マー君のソロバイオリンから「神様の午後」へ。
楽しそうに歌う昭乃さんが印象的でした。

「春に出る2枚のアルバムのタイトルを赤盤、青盤みたいにしようと思って
「Red Planet」「Blue Planet」というタイトルを考えたのですが
そこに白が入ればトリコロールの『自由・平等・友愛』になるな、と思って
対立することがあっても、皆の上に雪が降ってひとつの白い世界になるという
そんな気持ちも込めて「White Planet」というタイトルに決めたのですが
Sophia 、叡智という意味のタイトルで白の惑星をサブタイトルにしようと
思いました。最後にその曲を歌います」

「Sophia 〜白の惑星〜」
マイクを持って雪の街の雰囲気なイメージの中歌い始める昭乃さん。
手にシャンシャンと鈴の音。クリスマスっぽいなぁ。
…が、まもなく口が途中で止まった!
一生懸命持ち直そうとしましたが、笑いが溢れる中「ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!」
で、演奏ストップ(笑)

とても小さな声で「…忘れちゃった」
ああ、もう可愛いんですけど!!
「誰も知らないもんね」とごそごそと歌詞カードを探し始める昭乃さん。

「…ない!」に会場は笑いに包まれます。
そしたら舞台袖から舞台監督さんが紙の束を走って出てきて大拍手。
ようやく歌詞を見つけて、正面に向き直った昭乃さんが一言。

「みんな…忘れて?!」
会場内は大爆笑です。昭乃さん素晴らしい!!

曲は硬めのタイトルに反して柔らかい曲でした。
映画のラストにかかって欲しいような、そんな清々しい気分になる曲でした。

最後の終わりのジャン!のタイミングがずれて、尚且つ
メンバーが手をつないで並んだ時の拍手もタイミングがずれて
なんだかみんなが笑顔で終わったライブでした。
昭乃さんのライブは楽しいね!

 【セットリスト】 新居昭乃さん公式サイトより
 01.降るプラチナ
 02.Orient Line
 03.花かんむり
 04.Ekleipsis
 05.The Tree of life
 06.Monday, Tuesday
 07.ガリレオの夜
 08.Fly me above (新曲)
 09.tune
 10.タイレル
 11.星の雨
 12.Reincarnation
 13.Our children's Rain song (新曲)
 14.蜜の夜明け
 15.願い事
 16.キミヘムカウヒカリ
 17.虹

 〜アンコール〜
 18.神様の午後
 19.Sophia 〜白の惑星〜


今回のライブ、映像演出が本当に素晴らしかったです。
出来れば二階席から見たかった(笑)
曲も去年やLittle Pianoツアーとは変わって、ライブのみのアレンジも惜しげもなく。
新居昭乃さんのライブは本当にエンターテイナー性の高いステージだなと、改めて感じました。

ステージが進むにつれて、どんどん若返って見える昭乃さんスゴイ。
大阪では告知がなかったのですが、東京ではアルバム引っさげてのライブも
告知あったらしいので、Little Pianoツアー、アルバム発売、そしてアルバムライブが楽しみです。
体調に気を付けて、来年も昭乃さんワールドを繰り広げて下さいね!
 
posted by ぐりともる at 15:17| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。