2012年08月05日

新居昭乃2012ライブ「Purple Planet」大阪公演ライブレポ

2012年7月29日の夏真っ盛りの日曜日、大阪 なんばHatchにて
2009年「ソラノスフィア」ツアー以来のレコ発ライブが行われました。

20120729.jpg

物販は開場の1時間前から。始まってしばらくしてから行きましたが
並んでいる人はそれほどおらず、3〜4人並んで購入出来ました。

2012-goods.jpg

 ・Tシャツ
 ・紅茶2種(烏龍茶とPurple Planet)
 ・ハンドタオル2枚
 ・パンフレット

ポシェットと紅茶1種以外は購入ですね。
Little Pianoツアーのグッズは置いてなかったです。
サンキャッチャーがあったら欲しかったのでちょっと残念でした。


会場に入ると薄い幕の向こうに紫の惑星が天井から下がっています。
なんだろう、バルーンなのかな?
今回はいつもより少し後ろの席だったので詳しい造形はわかりませんでした。

まずOPはKINPROさんのあのジャケットの絵が動く動く!
どうやってるの?と思うくらいにぐりぐり動いて一気に引きこまれました。
昔のディズニーアニメ風のオープニング、いつもより華やかでちょっとコミカル。
このOPがもう一度見たいです。

「Magic Garden」
静かに始まったのはこの曲から。身体をフリフリしながら歌っていましたが
ちょっと昭乃さんの声が出ていなくてキツそうだったので大丈夫かな?と。
やっぱりASA-CHANGのドラムが入るといいなあ。

衣装は最近はストンとしたものが多かったのですが、今回はウエストのある
ブラウン系のワンピース、頭につけている大きなバレッタがすごく可愛い。
そしてびっくりしたのが昭乃さんのヘアスタイル。ボブスタイルになっていて
私が初めて昭乃さんを見た「sora no uta」ツアーを思い出しました。

「ハロー、ハロー」
「ガリレオの夜」
「喜びの竪琴


ここで初めてのMCが入ります。
「今日は暑い中来て下さって、ありがとうございます。
赤と青の惑星を混ぜて紫の惑星という単純な発想でPurple Planetという
タイトルになりました(笑)
えっと、オリンピックが始まりましたね。
今日ホテルで初めて表彰式を見てたらメダルのリボンなどが紫色だったので
小さなしあわせを感じました(笑)」

「私はファンタジーが好きで、どちらかというとヨーロッパの暗いのが好きなんですけど
珍しくディズニーっぽい曲が出来たので、その曲を歌います」

ということで始まったのは「Fly me above」
MCが入って多少緊張が解けたのか、この曲からしっかりと声が
出ていたように思います。

ここでまたMCが入ります。
「ありがとうございます。
えっと、あの、8歳の時から毎日のように曲を作ってきて、こうして20年も
作ってきたんですけど、デビューまでは日記をつけるように曲を作っていて
『アキノちゃんあの人の事が好きなんだ』とバレバレだったりするんですけど(笑)」

「ファンタジーが好きだと気付いて、そうして作った曲がアニメに使って頂いて
今までやってきた訳ですが、ン十年経って(笑)自分のやっていたことが
他の人の役に立つかな?と思って作った曲を歌います」

ということで、始まったイントロは「蜜の夜明け」
へぇ〜、そうだったのかーと思っていたら、びっくりした表情で
メンバーの方を向いて昭乃さん。

「この曲じゃない・・・!」

止まる演奏、会場の大爆笑

「これはラブソングです、さっきのは次の曲の話で、
ここはしゃべるとこじゃなかった…!!!」
と、こちらに背を向けて
ピアノにしがみつく状態の昭乃さん。

バンドの人も会場の私達ももうおかしくておかしくて、
緊張気味だった紫の惑星が一気に馴染み深いものになりました。

ということで気を取り直して「蜜の夜明け」
この曲は好きだなあ。昭乃さんも声がよく出ていました。

「えっと…今から歌うのが、さっき話した曲です(笑)
あの、準備大丈夫ですか?」
とホガリさんに向かって訊いてましたが
ちょっぴりフライング気味に始まったのは「ビーズ」です。

自分はこの曲を聴けるのをとても楽しみにしていました。
が、さっきの動揺が残っていたのか「眺める雨粒 ビルの上 浮かんでく
一日歩けば 風の向こうへ」の部分の歌詞がすっぽり抜けました(笑)
歌い直すかなー?と思いましたがなんとか持ち直して無事に完走しました。
でもちょっと残念かな。
この曲ではサカナさんがノリノリで可愛かったです。

「深海の火」
一旦降りた幕が昭乃さんが見えるように上がって
上の惑星には火の燃える映像が。とても神秘的な雰囲気でした。

そして「Tyrell」
薄い幕を全部下ろしてネオンの街がぐるぐると走るような映像。
堀越さんのギターの音はもうちょっと小さくてもいいような気がします。
昭乃さんの声が余り聴こえない…。
でもこの曲はやっぱりライブで聴いてこそ!の音楽です。
この曲からトリップ曲が続きます!

「灰色の雨」
幕は降りたまま、しとしと雨が映しだされます。
曲が進むに連れてどんどん激しくなる雨、真っ暗になって
時々稲妻が光ります。この曲でそんなに暗くて激しい映像が
来ると思わなかったので息を飲んで見守ってしまいました。

「Our Children's Rain Song」
この曲はASA-CHANGありがとう!!という感じです(笑)
ライブアレンジが本当に素晴らしかったです。

「ありがとうございます。
最後に歌った『Our Children's Rain Song』はクリス・モズデルさんに
詞を書いてもらいました。『こういう詞が書きたかった』と感謝されたのですが
今、京都にいらっしゃっているんじゃないかな…」

「『灰色の雨』はラスマス・フェイバーさんと部屋にこもって曲を作りました。
次に歌うのは、純日本の歌なんですけど(笑)この出来事で
日本大好き!と気付いた曲です。」

「HAYABUSA」
気のせいか少しゆっくりめ?
最後のあのシーンはやっぱりジンと来ますね。

「どうもありがとございます。
あの、なんか深刻な雰囲気の中で終わりが近づいて来ましたが(笑)
ここから軽くしていこうかと…

ハッ!!ここでメンバー紹介でした!

皆さん一番気になっているASA-CHANG!
今かぶっているあの帽子は、下3段くらい私が編みました(笑)
ASA-CHANGが帽子をどこかでなくしちゃって、こんな帽子知りませんか?って
写真載せたら編んで下さった方がいたんですけど、
ちょっと大きかったみたいで、折ってかぶっていたので
『私直せるかもしれない』って、ちょうどよくなりました(笑)
ASA-CHANGは10月に巡礼のライブがあって、京都で10月末に
4〜5日間あって、今はもう劇団の大所帯で…

…え?巻けって?(笑)

昭乃さん、ASA-CHANGについて熱く語り過ぎたようです。

「とにかく大絶賛のASA-CHANGです!!」

「ギターは堀越信泰さん。…いつもカッコイイです(笑)
私のアルバム曲の印象深いフレーズの9割は堀越さんです」

なんかASA-CHANGに比べて語ること少ないようなw

「細海魚くんです。
サカナくんはソロの新しいアルバムを作ってて、いつ発売かは
わからないんですけど、私も何曲か歌わせてもらいました(笑)
サカナくんはエレクトロニカの世界では日本以外で名前が
知られているんですけど、今度のアルバムはエレクトロニカだけじゃなくて
スゴイです!」

おお、魚さんとの曲楽しみー♪

「メンバーの東方神起と呼ばれている、バイオリンのマー君です(笑)
えっと、マー君は弾いてない時は踊るっていう話だったんですけど…」
といった昭乃さんに目玉飛び出そうに驚くマー君w
「というのは今初めて言ったんですけど(笑)」
とお茶目な昭乃さん。

「マー君はすごく売れっ子で、テレビの歌謡祭とかにもひっぱりだこで
でももしかしたらモナコに一緒に行けるかもしれない…って後で話すんだった(笑)
藤堂昌彦くんです!」

すっとマー君マー君言ってるので、本名の紹介しないかと思いました。
結局マー君のフルネーム言ったのはここだけだったという(笑)

「私のプロデューサー、保刈久明くんです。
ホガリくんがツイッターで時々呟いているんですけど、それがすごく面白くて。
こう、見た感じから繊細なイメージがあるかと思いますが、
ツイート見たら笑えますので、あのツイッターは見るだけというのも出来るので
良かったら見てみて下さい。付き合い長いですが、いつも笑わせてくれます」

「そして不動のセンターと言われる新居昭乃です。
総選挙したらマー君に取られるんじゃないかと思いますが(笑)」

「メンバー紹介も終ったので次の曲を歌います」
「ミュージック、スタート!」の声に会場とステージではまた大爆笑がw
昭乃さんのライブで普通それはないでしょう(笑)

まだクスクス笑い声の聞こえている中始まったのは「キミニムカウヒカリ」
昭乃さんに促されてまさかの手拍子付きです。

そして続けて「Saint Bleu」
この曲の時の昭乃さんはタンバリンを持って、こちらも手拍子。
ちょっと自分の中では意外な選曲でした。アルバム収録曲なので
歌っても全然変ではないのですが。
曲が余り昭乃さんっぽくないのかな?

「Sophia〜白の惑星」
この曲に行くまでの間、手元にあるタンバリンを魚さんに渡そうとしたり
ステージの上をうろうろと歩き回っていました。どうした昭乃さん!w
結局近くのテーブルの上に置いていました。堀越さんのコーラスが素敵ですよ。

ここでまた軽くメンバー紹介が入り、そして退場を見送った後に
「ありがとうございます。この曲は私のためではなく、
みなさんのためにある曲だと思っています」

ということで本編ラストの曲は「虹」の弾き語りです。
この曲も定番になったなあ。

アンコールの拍手が鳴り続け、やがて戻ってきた昭乃さん。
「ありがとうございます。
ライブが本当に苦手で、人前に立つことから逃げまわって
最初は1曲通して歌うことも出来ず、大阪ではお腹をこわして
メイクも出来ずにステージに出てきた、そんな私を応援して下さって
本当にありがとうございます。」

「今回もグッズを作ってきて、これスマホケースなんですけど
むりやりモニター入れてはみ出しちゃっているんですけど(笑)
私のやっている洋服屋さんのロゴのマークが入っています。
内側の布も選んで、男の子はちょっと無理かな?
女の子は可愛いって思ってくれるんじゃないかと思います。」

「TシャツはKINPROさんがジャケットの下絵として書いてくれたものの
一部を使わせてもらいました。

パンフレットはずっと希望が多かったので作ったんですけど
中の写真、私の写真はディレクターのゆかちゃんが撮ってくれて
他のメンバーは私がiPhoneで撮りました。
iPhoneの画像だから引き伸ばしたらどうなるか…(笑)
裏からめくったらマー君の写真集になるようにしようかとも思ったんですけど

中にプレゼントとして私のお守りの羊を写真を、私も切り抜くのをしたんですけど
皆さんのお守りにしてくれたら…と思うのですが
そのお守りの羊を、今日持ってくるのを忘れてしまいました(笑)
そしていつもの紅茶も作りました」

「えっと、先ほど話したモナコでのライブですが
その前にパリでもライブをやるんですけど、多分!マー君と二人で
行く事になると思います。皆さんもぜひ一緒に行きましょう。
お食事会やって、それにマー君が来るかはわかりませんが
4泊6日でモナコに行くついでに私のライブも付いてくるという…(笑)」

「そこで、CDではピアノだけで歌ったんですけど今日はマー君と二人で
やりたいと思います」

ということで「花かんむり」 ピアノ&バイオリンver.
これもとても素敵でした。マー君のピアノは昭乃さんとよく合います。
色んな曲がこのピアノ&バイオリンで聴けるなんていいなあ。

2人だけのステージに他のメンバーが帰ってきて最後の曲は
「Happiness is here」 。
昭乃さんは鈴を鳴らして、会場には手拍子が鳴り響いて
明るく穏やかで楽しい雰囲気の中、紫の惑星旅行は終わりました。

  【セットリスト】

  1. Magic Garden
  2. ハロー、ハロー
  3. ガリレオの夜
  4. 喜びの竪琴
  5. Fly me above
  6. 蜜の夜明け
  7. ビーズ
  8. 深海の火
  9. Tyrell
 10. 灰色の雨
 11. Our Children's Rain Song
 12. HAYABUSA
 13. キミヘムカウヒカリ
 14. Saint Bleu
 15. Sophia〜白の惑星
 16. 虹
  【アンコール】
 17. 花かんむり
 18. Happiness is here

 

今回、座席がいつもより少し後ろだったお陰で音響、ステージの映像ともに
かなりいい状態で見ることが出来ました。
二階席希望だったのをFCのご好意でちょっと後ろの列(といっても一桁列です)
の真ん中にしていただいたこと、感謝しています。

次回は年末のライブかな?
どうか今年も大阪でやってくれますように。

 
posted by ぐりともる at 03:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

Happy Birthday 早川さん!!

今日は早川大地さんのお誕生日、おめでとうございます!
この年が早川さんにとって実り多き年になることを願ってます☆

東京エスムジカの次のライブが11月と発表され、詳しいことはわかりませんが
チケット発売が2ヶ月前というのを考えると、そろそろ発表されるのではないかと
思います。ううう、楽しみだなあー!

多分新曲も作ってるのだと思いますが、美帆ちゃんが沖縄に住んでいるので
レコーディングとか打合せはちょっと大変そう。でも今はスカイプとかLINEとか
色々便利なものがあるものね。

メジャーだった頃に比べると金銭的に厳しい部分はあると思いますが
受ける制約は減っているのでないかと勝手に想像してます。
やりたい事をたくさん詰め込んだ、『東京エスムジカな音楽』を待ってます。

月凪-02.jpg

さて、懐かしい画像ですね。これはチラシの方ですが
月凪のポスターをGETしました。
せっかくなので飾ろうかとも思いましたが、正直ちょっと怖い(笑)ので
飾るのはやめましたよ。

当時のインタビュー記事で「曲に合わせてああいうジャケットにしたので
笑ったりしないだろうと思われるかも」みたいに言ってたのですが

正直自分もちょっとそういうふうに思ってました(笑)


今の3人の顔は、笑顔しか思い浮かばないんだけどな。
やっぱりライブじゃないと分からないことはたくさんある。
早く3人に会いたいーーーっ!!

 
posted by ぐりともる at 22:33| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京エスムジカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

君の神話 AKINO with bless4

明日この曲を聴きに行ってきますよ。



作曲は菅野よう子さん。あの大ヒット曲「創聖のアクエリオン」を上回る難曲。
初めて聴いたのはアニソン番組で歌っている時だったのですが
「またなんちゅー曲を作ったんだ」というのが率直な感想。

しかしAKINOすげえ。全然余裕で歌ってるよ。
菅野よう子ファミリーの中でAKINOはちょっと毛色がちがっていますが
私はこの人の歌声が好きです。何より歌唱力がファミリーの中でもトップクラス。
かなりの高音で歌うのにキンキンしていないし、何よりも聴いていてとても爽快です。

自分はこの人の生歌を聴いたことがなくて
チャンスがないわけではなかったのですが、なんとなーく逃していまして。
七夕ソニックにも出演しなかったからねぇ。(「創聖のアクエリオン」はMay'nが歌った)

が、たまたま
最近アニメ関係で凄まじく発展しているという噂の北九州市で、彼女のライブがあると知りました。
開催は26日の日曜日で、知ったのは24日早朝(笑) ギリギリセーフ!
「夏祭 IN あるあるCity SPECIAL LIVE 【AKINO with bless4】」
詳細は→こちらのページ

メールしてめでたく2公演のチケット確保!
福岡と北九州市は結構離れているのですが(佐賀の方が近いかも)
大阪や東京に比べたら全然近いし安く行けるよ。

そして初めて生歌を聴けると思うと、どんな歌手でもいつもドキドキします。
この間出たアクエリオンのアルバムはまだ買ってないけど、多分明日買ってきます。
CDショップに行く度に悩んでいたけど(持ってる曲が多いので)やっと決着がつきそうです。
ライブで「Chance To Shine」も聴きたいけど、アクエリオンじゃないから無理かな〜。



明日は歌を聴いてハイタッチして楽しんできます!! 
  
 
posted by ぐりともる at 10:11| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

AKINO with bless4 Special Live in あるあるcity

26日、北九州までAKINO with bless4のライブに行って来ました!

ticket120826.jpg

これはチケット。アーティストの写真が使われたチケットとか
珍しすぎてちょっと感動。もうこういうチケットって10年以上見てない気がする。

アップテンポな曲を集めたREDステージと、バラードを集めたBLUEステージ。
大して変更ないだろうと思ったら、こういうセトリでしたよ。

【REDステージ】
 1. 創聖のアクエリオン
 2. Go Tight!
 3. スティッチ・イズ・カミング
 4. Around & Around
 5. My Sunshine
 6. 月光シンフォニア
 7. パラドキシカルZOO
 8. 123
 9. 夢つむぎ
 10. 君の神話
enc.
   創聖のアクエリオンアカペラ

【BLUEステージ】
 1. Genecis of Aquarion
 2. Best Friend (kiroroカバー)
 3. Stand by me
 4. ZERO ゼロ
 5. 月光シンフォニア
 6. こころに吹く風
 7. 川の流れのように (美空ひばりカバー)
 8. 創聖のアクエリオン
 9. 君の神話
 10. 123
 11. 夢つむぎ
enc.
   イブの断片 (出だしアカペラ)
   荒野のヒース (出だしアカペラ)
   Go Tight!

REDとBLUEで結構セトリ違います。
REDは冒頭からスタンディング状態でしたが、BLUEは8曲目までは着席状態。
メリハリが効いていて良かったです。ほとんどの人が両ステージ見ていたので尚更。

アクエリオンはどの曲も激ムズだと思いますが、AKINOはテレビで見た時よりも
更にうまかったです。非常に安定してます。

緑字の曲はbless4のオリジナル曲。
4人とも本当に歌と踊りが上手くて、聴き応えありました。
特に末っ子AIKIくんの歌声が美しい!
4兄弟だけど顔は余り似ていないので声質もちょっと違うよ。
「夢つむぎ」はとてもいい曲でした。

前日がアニサマで、この日は4時起きだったとか。
長男AKASHIくんの軽快なトーク、途中でゲームを挟んだりして
とにかく客を楽しませる、そして4人とも笑顔を絶やさない姿がああ、プロだなあと。
ステージとファンに対する誠実さが伝わってきました。

ダンスは結構空手の型が入っていて、ちょっと普通のダンスとは違う感じ。
テコンドーをやってたからこそ、というキレのあるダンスです。
そんな中で「君の神話」のダンスはAKINOとAIKIが手を取り合うとこが可愛い。

「月光シンフォニア」は姉弟で歌うのは恥ずかしいというハナシ。
ずっと一緒にいるのに「あなたに会いたい」って、これ以上会ってどうするんだ!という
セルフツッコミが笑える。

カバー曲はKiroroのが良かったです。KANASAさんメインで真っ直ぐないい声。
ステージのヘリに座ってゆったり歌う姿が忘れられない。
両サイドのお客さんへも気を配っていますよ。

BLUEステージの出だしアカペラの2曲、これはリクエストを募ったのですが
カラオケを持ってきていないということで、流れされるかと思いきや
アカペラで少し歌ってくれて嬉しかったです。
ラストのGo Tight!は創聖のアクエリオンとどっちがいい?と
アンケートを取り、決まった方です。まあBLUEの中で歌ってるからね。


そしてステージのあとはハイタッチ会。ステージに登って両手をパチンと合わせて
ステージを降りて退場の流れ。4人ともかわいいぞ!
会場の仕切りが上手かったので、流れもスムーズでした。

2部終了後のハイタッチしている真横でイベンターさんが
「bless4の皆さんがいない間にこっそりお知らせしますがー」とマイクで
「ライブ終了後にMUSIC CAFEにbless4の皆さんがサインしに来るかもしれません」と
堂々と告知(笑)

だもんで終った後CAFEで待機していると、4人が来て店内の壁に大きくサイン入れて
アカペラのアクエリオンをマイク無しで披露までしてくれて
出口付近にいた人にはハイタッチしながら、爽やかに去って行きました。
自分も出口付近にいたのでちゃっかり便乗しましたよー。

これからも4人仲良く頑張って行って欲しいです。
そしてアクエリオン以外でもまた菅野よう子さんと組んで欲しいなー。 続きを読む
posted by ぐりともる at 23:18| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。