2012年12月08日

東京エスムジカ「うたあしび おとあしび」ライブレポ

2012年11月18日、約10ヶ月ぶりのエスムジカライブに行ってきました。

1118Entrance.JPG

場所は前回と同じビルの下の階、「CHELSEA HOTEL」です。
ここに来るのは7年ぶりかな。「Urban Folkloreシリーズ」をこの会場で見ました。

開場時間はやや遅れて、久しぶりの階段を降りていきます。
中に入ると今回設置された優先席は左手にありました。15席くらいだったかな?
美帆ちゃんのお母様がいらしていてキラキラした笑顔で「遠くからありがとうー」って
言われて嬉しかったですが、私よりもお母様の方が遠いと思いますよ。

内装は以前と少し変わっていたように思います。
片側の壁がなくなったのかな?ステージの段差が高くなっていたので
以前よりも後ろの人でも見えるようになっています。
友人に聞いたら歌ってる人は見えたよーということでした。

IMG_0398.JPG

入場曲は「largo2004」。
サポートメンバーはいつものギター:永田"zelly"健志さん、ベース:石村順さん、
そしてドラム:西和さん。安定のエスムジカファミリーの皆様。
そして早川大地さん、YongAe、平得美帆ちゃん登場です。

1曲めは「オレンジの実る頃」
おおー、この曲から始まるのかぁと思いました。余りなかったパターン。
正面から飛び込んでくるギターの音が心地いいです。
そしてこの日の二人の衣装は
ヨンエは上は黒のノースリーブと、下も同じ黒のパンツ姿。かっこいいですよ。
美帆ちゃんは紫のバルーンミニワンピで惜しげもなく足を披露してました。(タイツ履いてましたが)
相変わらず二人共細い!美帆ちゃんなんて二児のママとは思えませんよ。

歌声は今回ちょっとヨンエが普段よりも声が出てないなと感じました。
ハスキーがかっていて高音がキツそうで。
美帆ちゃんは絶好調で、そのために声量にに差が出ちゃっていました。
ツインボーカルの面白さと難しさってここにあるんだなという感じです。

「ありがとうございます。いっぱい楽しんで下さいね」とヨンエから挨拶が入って
2曲めは「紺碧の空を後にして」
なかなか踊らせるセットリストです!ドラムかっこいい!キーボードかっこいい!
美帆ちゃんの声が艶々していて迫力がありました。

続けて3曲目は「鼓動」。これ久しぶりかも?
クラブのDJもやっている顔が出たのか、早川さんノリノリだよ。
ライブハウスで体をユラユラしながら聴くのにぴったりな曲です。

「こんなたくさんの人の前で歌ってて、皆さんの鼓動がズンズン迫ってくるようでした
ありがとうございます」とヨンエから。
「お久しぶりでーす。4月に出産して子供が二人になりました。
上は後ろに来てて・・・もう帰っているかもしれませんが(笑)
よくわからないうちに土曜日に東京に来て、またエスムジカがやれて幸せです。
皆さん、今日は最後まで楽しんで下さい」と美帆ちゃん。

「次の曲は別れてもまた会えるんだよということを歌った曲です」と言って
始まったのは「サヨナラ」。この曲あたりからヨンエの声が出ていました。
リハ映像で歌うのはわかっていましたが、こうして初めて生で聴けると嬉しくて嬉しくて。
ちなみにアレンジが変わっていて、「サヨナラ OH サヨナラ」というフレーズが途中に
入っていました。

「月夜のユカラ」は早川さんのムックリで始まります。
やっぱりこの曲は思わず目を閉じて聴いてしまう。
月の光のように静かに包み込んでくれる演奏と歌が気持よすぎます。

「ありがとうございます」と言った後に「何を言おうかな」と
ニコニコ顔を見合わせるヨンエと美帆ちゃん。
「これ面白いからMCで言おうって言うんだけど忘れちゃうんだよねー」
「紙に書いておかなくちゃ」と相変わらずのんびりMC。
「MCに詰まった時はまず大ちゃんに振る、ということでどうぞ!」
と、唐突にリーダーに投げる美帆ちゃん。

「振るにしても普通はなにかあるでしょ(笑)」という早川さんの言葉に
「あ、そっか。じゃあなんか最近の事を」と言いかけたところにヨンエが
「あ、あった!今歌った『月夜のユカラ』に関係することで、大ちゃんがアプリ作ったんですよ。
イントロの時の口琴の」
「あー、そうそう。口琴てさ。。。」と話し始めてから「あ、こんばんは。早川です」と
挨拶を唐突にしてウケる場内。

「皆さんもうご存知のこの口琴という楽器、iPhoneでは見えないと思って今日は・・・」と
iPadを持ち上げて「こんなにおっきくなっちゃった!」とマ◯ー審司のように言う早川さん。
「音量が変わり、音程も変わって、ビブラートもかかるという無駄に高性能」
という説明にまた大きな笑いが。

「こんな話してていいのか?って感じですけど(笑)」といいつつ
「4種類あって、アイヌのものやネパールのものとか色々あって、今日使ったのは
ネパールのものです。前回使ったのはベトナムのでこんな感じ」と
アプリを弾いて見せます。「ちょっと難しいのは竹のムックリタイプで
失敗しやすいのでライブでは余り使わないんですが、これがあればみんなが出来る(笑)」
「しかも全種類に日本語と英語で説明がついていて、世界で一番マニアックなアプリ」
ヨンエ「どこの国で一番売れてるの?」
早川「なんかフィンランドだって」にめちゃくちゃウケてました。

「オタクすぎてどうしよう」とぼやく早川さん。
いや、早川さんが民族楽器オタクということを知らない人はこの会場にいないと思うので
大丈夫ですよ。

「じゃあこのまま次の曲紹介も大ちゃんお願いします」と美帆ちゃん。
「次は新曲やるんですけど」と話しはじめた所に「次の曲は新曲じゃないですよ」
あっさり言う美帆ちゃんにまた会場からは大きな笑いが。やっぱりこの3人面白いよう。
「次の曲も大ちゃんの遊び心が詰まった曲です」とヨンエのフォローが入って

来ました「ケモノ」!!
この曲は二人の声のバランスがバッチリで、本当に良かったです。
あのハモリの部分は鳥肌が立ちますよ。

「次は新曲です」と紹介が入って待望の新曲!
英語詞の曲でちょっとアンニュイな気だるいR&Bな曲。
ベースの音が際立っているヨンエがメインボーカルの曲です。
聴きながらうーん、エスムジカっぽくないなあ。民族音楽ではないよねー?

「今の曲は『RESCUE ME』というタイトルで、自分の周りや世界中でも困ってる人がいて
どこかに逃げ出したいけど、誰か助けてくれないかなという心境を詞にしました」とヨンエ。
早川さんが「今回この曲は作詞作曲ヨンエです」と紹介があると
場内からはどよめきと拍手が起こりました。照れくさそうに笑うヨンエ。

なーるーほーどー!納得!
確かにヨンエっぽい曲だよね!
「大ちゃんが作ったにしては、あれ?と思われた人もいるかもしれませんね」
でもヨンエがソロではなく、3人で作って歌いたい曲ならこれがエスムジカの曲だ。

「ここらへんで『やります宣言』しちゃいますか?」ということで美帆ちゃんから。

「来年、アルバムを出したいと思います」
に会場中、大きな拍手と歓声が上がりました。いやあ、この言葉を待ってました!!
3人復活してからずっと待っていた言葉です。
「今3人で色々曲を作っていて、発売は未定ですけど皆さん楽しみに待っていて下さい」
に大きな拍手。
ヨンエからは「皆さん待っててくれて、こういう曲が聴きたいなーとか意見があったら
・・・意見を言うのは自由なのでね(笑) みんなと一緒に作りたいです」

嬉しい話の後には安定の「月凪」
そして続けて「誇り高く」です。本当にこれは良かった!
この曲はライブでやればやるほど力強くなっているような。
エスムジカをよく知らない、今回初めてエスムジカのライブに来た友人は
「誇り高く」を気に入ってくれたみたいです。
アルバムに入れる時はライブver.がいいなあ。

「ここらへんで近況報告しましょうか」ということで、毎度それぞれの報告ですよ。
まず美帆ちゃん。
「1月のライブで皆さんとあって、臨月を迎えて、4月に出産して
ライブしようと決めたのが6月くらい?だっけ? やるなら新曲を歌おうということで
大ちゃんが曲を作ってくれている間、私は子育てをしているという(笑)
そして今日を迎えられた・・・って、前回もそうだけど私飛ばしすぎ?
ちゃんと報告出来てるかな?」とヨンエに訊くと

「今ね、多分みんな頭の上に?マークがついてる」というヨンエ。
「なんかヨンエもわからなかったみたいだからちゃんと話すね!・・・どこまで話したっけ?」
「飛ばし過ぎだよねー」に「えっと、6月にライブやろうって話になって・・・」
と何だか話がループしてますが(笑)

「ライブをしようって決めて・・・ごめんみんなまた聞いて!2回聞いたら覚えるよね!」
と爆笑の中強引に押し切る美帆ちゃんステキ。
「ライブを6月にするって決めて、ヨンエが曲を作って、大ちゃんが場所を決める。
その間私は子育てしつつ、曲をメールでやり取りしつつ、東京ではリハーサルが進んでいて
バンドの皆さんががっちり決めた所に私がひょっこり現れて(笑)今日のこの日が来ました」
と報告しきった美帆ちゃんに大きな拍手。よく頑張った!(笑)

次はヨンエ
「私は前回のライブが終わって、別の仕事でApeaceのCDのディレクションをやっていて」
といった所で後ろから「せんせー!!カワイー!!」と声が上がって恥ずかしそうなヨンエ。
どうやらApeaceのメンバーが来ていたようです。
「すごく素敵な音楽でアルバムが出来たので皆さんぜひ聴いて下さい。
完成した後、大ちゃんと一緒に曲を作って、この日が来ました」

そして早川さん
「10ヶ月もあって、色々あったんですけど一番印象に残っているのが
一昨日行った「ロボットレストラン」ですねー」に会場からは大きな笑いが。
「新宿の歌舞伎町に総工費100億円かけてロボットを15台くらいで
3mくらいの女性のロボットがあったりして、まあ悪夢」という
身も蓋もないコメントに更なる笑いが。

ヨンエが「え、嘘じゃん、大ちゃんすごい楽しかったって言ってたよ?」と突っ込むと
「いや、悪夢なのが楽しかったんだよ」とこともなげに言う早川さん。
「あと、さっきの話では僕は場所を決めることしかしていないみたいですが
そんなことないよね?次の新曲僕のだし」と言われて「あ、そうだ大ちゃんの曲もあった」と
美帆ちゃんヒドイ(笑) 会場も爆笑です。

「せっかくなのでその曲の紹介しましょうか」とヨンエから。
「とっても可愛くて、今までのエスムジカの中でもポップで、子供たちが聴いても
楽しめるかなって。とても可愛くて」と可愛いを連呼するヨンエ。
「大ちゃんが曲でヨンエが詞を書いて、歌詞も可愛くてストレートに入ってくるのが
私も楽しいなって」と美帆ちゃん。
「私が曲を聴いた時に森の中を迷っているイメージがあって
迷いを持っている女性がいて『これでいいのかな?』って悩んでいるんだけど
本当はもうちゃんとわかってるよ、という気持ちを詞にしてみました。
歌います『WONDERLAND』

2曲めの新曲はいかにも早川さんらしい曲です。
確かに可愛らしくて、タイプ的にはどの曲に似ているかなあ。
旅立ちに向けてとハッピー・エンド・レターズ混ぜたような感じ?
「もう失くさない 胸の中のワンダーランド」というフレーズが頭に残りました。
ツインボーカルも交互に歌っているのが可愛くて、二人で手をつないで冒険している感じ。
「魔法陣グルグル」の「晴れてハレルヤ」をちょっと思い出しました。

次は「ハッピー・エンド・レターズ」。明るい曲が続きます。
この曲はちょっとベースの音が大きかったかな。
いつもよりのんびりした感じのアレンジに聴こえました。

「最後の曲です」と言って始まったのは
「旅立ちに向けて」でした。「サヨナラ」「旅立ちに向けて」と来て
ちょっと不安になっちゃったのですが、大丈夫、アルバム発売するって言ってるもんね。
そう思いながらこの曲を聴きました。エスムジカはこの3人でやってくれるから。


一旦掃けたメンバー達。
毎回恒例、早川さんだけがアンコールの中ステージに戻って来ました。
あ、新しいTシャツ着てるー!前回でほぼ売り切れてたもんねえ。

eth-T.jpg

こんなの。「うたあしびおとあしび」のバナーと一緒。
よく考えたらでかでかと「東京エスムジカ」とTシャツに入ってる
パターンは珍しいかも。
今回は柔らかい色のTシャツが多くてどれも可愛かったです。

話戻ってアンコール。
「アンコールありがとうー」と拍手と歓声の中戻ってきた早川さん。
「今日僕が言いたかったことは、このバンドは2004年にデビューして
8年目です。ご存知の方もいると思いますが
『東京エスムジカ』というバンドは音楽業界の人に愛して頂いて
鳴り物入りでデビューしたんですね。テレビやラジオに出させてもらったんですけど」

そうだよねー。当時の日経エンタとかで今年一押し新人アーティストとして
紹介されていたような記憶があるよ。
音楽に限らず色んな雑誌に出ていて、オキシライド乾電池の宣伝でDIMEにも載ってたよ。

「POPSのミュージシャンというものはそんなに寿命は長くなくて、
同時期にデビューした人でも今はもう音楽辞めている方が多い中、
こんなにたくさんの人に集まって頂いた東京エスムジカというバンドを何よりも誇りに思います」

会場に響く大きな拍手。
この言葉になんだかすごくジーンと来ました。

そうだった。初ワンマンライブ「Scratch the World!」は2004年11月27日。
ギリギリまで迷って、結局私は東京まで行った。
そして8年、ずっとエスムジカに魅了され続けているんだ。

「そんな固いこと言いますけど、まあこのTシャツも誇りに思ってます(笑)」
と笑いに持って行くところが早川さん(笑)
「新型になりましたので、良かったら眺めたり買おうと思ったりして下さい」と
あくまで「買ってね」と言わない早川さんの言葉に更なる笑いが。

「今日は売ってるの?」というお客さんの問いに
「買えますよー。色は4色で、ピンクとグレーと緑の濃いのと緑の薄いの」という説明。

「8年経つと周りの音楽業界もかなり変わっていて、当時は誰がヒットするか賞を取るかとか
色々やっていたんですが、正直今の現状はというと全員負け状態と、皆さんご存知の通りで。
そんな中音楽って何だろうと考えると、まず音楽に価値がないといけないと。
さっき紹介した口琴アプリもそうなんだけど、音楽は裏の文化史と繋がっていると
思っているからです。マニアックだけで作っている訳ではなくて(笑)」

「そんなポリシーがあって、最近『ミュージック・エディテイメント』という
音楽と教育とエンターテイメントを合わせた言葉なんですけど
教育の意味をもたせたアプリなんかも作っているので良かったら検索して下さい」

「音楽業界と離れたところでも価値のあるバンドでありたいと思っていて
それが出来ると思ったので、新しいアルバムも作るわけで。
ここに来てくれているのは音楽愛がある方たちだと思うので、ぜひ一緒に
文化や心を一緒に育てていけたらなと思っています。」

「じゃあ時間が余ったのでロボットレストランの話でもしましょうか」と
唐突に話が変わります(笑)
「行ったことある人ー」にしーんとなっていると
「あ、誰も行ったことないんだ・・・・もったいない。
なんか・・・日本ってバカだな〜って」に大爆笑です。
「デカイロボットと戦車と戦闘機があって、そこに水着のおねーちゃんがいっぱいで
エレクトリカルパレードなんですけど、水着のおねーちゃんだからエロクトリカルパレード」
と言った所に「うまい!」と声がかかって喜ぶ早川さん。

そこでようやく他のメンバー登場です。
ホッとした表情の早川さんに美帆ちゃんが一言。

「大ちゃん、今ダジャレいって滑ってなかった?」に
「滑ってないよ!褒められたんだよ」と早川さん。

「大ちゃん、ちゃんとアンコールありがとうございます言った?」とヨンエ。
「えー・・・言った・・・よね?」と段々声が小さくなる早川さん。
「アンコールありがとうございます」とニッコリするヨンエに大きな拍手。

「大ちゃんっていつもとぼけるよねー」
「リハのアレ言っちゃう?言っちゃおうか?」とヒソヒソする二人。
聴きたーいという会場の声に促されて以下の話です。

「昨日通しのリハがあって、それはゲネプロと言って本番と同じようにやるんですけど
急に大ちゃんが『休憩しない?』って当たり前のように言うの。」
「いや、本番中に休憩ないからねって言ったら『トイレ休憩しましょう』って
自分が行きたかったんじゃん!みたいな(笑)」に対して衝撃の一言が

「俺、トイレとか行かないしー」

会場内爆笑です。しかも澄ました顔でうそぶいていますよ。
「まあ行きたいならしょうがないねーとトイレ休憩したんですけど、
戻ってきた大ちゃんに美帆が『みんなに何か言うことないの?』って」ヨンエ。
「お待たせしてスミマセンとか言わないの?って言ってたんだけど
・・・結局言わなかったんだよね(笑)」と美帆ちゃん。
「なんかしつけをしてるお母さんと子供みたいだったよ」というヨンエに
澄ました顔で「そうそう、前はそんなことなかったよねー」と早川さんが言うと
美帆ちゃんは「そうかも」と笑って、結局なんとなくうやむやになってる(笑)

「今8年の話してて、8年もたつと二人も本当に変わって
小学生は中学生になるし、ハムスターなら10世代くらいだよ」と
早川さんが言うので会場は大爆笑に包まれました。

美帆ちゃんは「あ、さっき家族が出来た話ばかりしていたんですけど、
アルケミストというグループが出すシングルに曲を提供したんです」
と、思い出したように大事な話をw
「ゼリーさんもギターをやっているので、ぜひ聴いて下さい。
あと以前出したアルバムも今日持ってきたので、Tシャツと一緒にCDも買って下さいね☆彡」
とさりげなく宣伝入ります(笑)

アンコール1曲めは「月だけが照らす町」
おおお、この曲がアンコールにきたあああああ!
月凪や月夜のユカラ、ケモノみたいにレギュラー曲になってて嬉しいよう。
どの曲も好きだけど、この曲は際立って好きなのです。
なんでこんなにステキな曲が作れるんだろう、
そして二人の歌声はなんでこんなに切ないんだろう。

「わたしの愛した 水のうたかた 儚くはじけて消えていった
強さも弱さも君の全てと こんなに近くにいたはずなのに
大切なことは そういつの日も 失った後に 気付くのでしょう
もうすぐ月は彼方に沈む」
のフレーズは聴く度に胸が苦しくなります。

「数カ月ぶりのワンマンなので久しぶりの曲を歌います。」とヨンエ。
「・・・親善大使だった曲?」という美帆ちゃんに
「成田空港南ウィングが消えてる」とフォローするヨンエ。
「え?消えたの?」とびっくりする美帆ちゃんに
「違う違う、美帆の言った親善大使の前に『成田空港南ウィング』が入ってない」と
説明するヨンエと
「あのね、南ウィング作った時の曲だし、南ウィング消えたら大変だよ?
だいたいそんな事言ったらスポンサーに怒られちゃう」と突っ込む早川さん。
相変わらず仲はいいのに通じ合ってないエスムジカ(笑)

ちなみにどーでもいいことですが、
私はこの「Going,on the wing!!」の単語登録を「なりた」でやってます。

「大ちゃんの曲のすごいのは、曲を聴いただけでワクワクして、
何でも出来るんじゃないかって思うんだよね」とヨンエ。
「何でも出来ますよ」と普通に言う早川さん。
「そういえば大ちゃんはまたどっか行くの?」と聞かれて「先々月サンフランシスコ行った」と。
ゲイ文化に触れたという話をしていてちょっと微妙な笑いがw

「ではサンフランシスコに飛びましょう!」ということで
「Going,on the wing!!」

おお、これも久しぶりで嬉しい!
エスムジカのライブを見に行くときはほぼ飛行機なので
この曲を思い浮かべるんだよね。離陸の時はiPod聴けないから
実際には聴けないけど、頭の中では流れているよ。
「ララ、ララ、Top of Love」は手拍子とみんなでコーラスです。
そして曲を流しつつメンバー紹介が入りました。

大いに盛り上がったしこれで終わりかなー?と思ったらもう1曲ありました。
最後の曲は「風の行方」。
ドラムのカウントと美帆ちゃんのアカペラで始まった「風の行方」は
眩しくて、二人の歌声に力がこもっていて、ラストの曲なのに楽しくて仕方がない。
エスムジカはやっぱり最高過ぎて大好き。

大きな拍手と歓声の中、ライブは大成功に終わりました。
エスムジカのメンバーはお見送りです。相変わらずファンサービスが素晴らしい。
Tシャツもいい売れ行きだったみたいです。

今回、エスムジカライブが初めての友人が2人来てくれたのですが
またライブに来たいと、楽しんでもらえたようで嬉しかったです。
今度はぜひもっと前の方で見てもらいたいな。

本日のドラム☆彡
IMG_0399.JPG

すごいね、西さん!「遊」っていう字をデザインしたそうです。
前回に続いて今回もライブが終わった後にこのドラムを撮っている人が多かったです。
IMG_0404.JPG
サラサラヘアのドラム西和さん♪
ライブ中、耳にイヤホン入れていたので「何が聴こえるんですか?」と
尋ねたら、「ステージの上って色んな音があって、正しいリズムは
自分しかわからないんです。だからイヤホンからはメトロノームの音が
流れてきます」だって。
「へ?じゃあカチカチって聴こえてくるんですか?」
「そうそう。曲によっての変更はダイチ君がやってくれるの」だそうです。
ほえー、大変ではないですかー!
周りの音も多少は聴こえるとのことですが、基本的にカチカチだとは。
いつもカッコいいドラムをありがとうです!

IMG_0403.JPG
ギターの永田Zelly建志さん♪
ゼリーさんは猫飼い仲間(勝手に言ってるw)ですよ。
猫の話を色々させてもらっちゃいました♪

IMG_0405.JPG
ベースの石村順さん♪
最初別の場所で写真をお願いしたら、「ここがイイ!」とポーズとってくれました。
ありがとうございますー!
Twitterネタで「今度アリを食べてみて下さいよ」と言ったら
「それはない!」と拒否られました(笑)

IMG_0402.JPG

そして我らが東京エスムジカの3人!
いやーーーー!いい笑顔です。歌とこの笑顔に会いに私は東京まで飛ぶのです。
次はいつ会えるのかな。春くらいには会えたらいいな。

その時はきっと新しいアルバムと一緒だね!



【セットリスト】
 0. largo2004
 1. オレンジの実る頃
 2. 紺碧の空を後にして
 3. 鼓動
 4. サヨナラ
 5. 月夜のユカラ
 6. ケモノ
 7. RESCUE ME (新曲)
 8. 月凪
 9. 誇り高く
10. WONDERLAND (新曲)
11. ハッピー・エンド・レターズ
12. 旅立ちに向けて
アンコール
13. 月だけが照らす町
14. Going,on the wing!!
15. 風の行方


 

posted by ぐりともる at 01:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京エスムジカライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

坂本真綾 LIVE 2012 TOUR “ミツバチ”福岡公演

2012年12月16日、今年最後のライブに行ってきました。

「奇跡の海」でファンになった割にちゃんとしたライブに行くのは実は初めて。
小さなイベントとか学祭、最近では七夕ソニックで歌声を聴いたことはあったのですが。

場所は久しぶりの福岡サンパレス。中島みゆきのライブで行った時以来かな。
こんな大きなホールでやるくらいビッグになったのねえとしみじみしちゃうよ。

【セットリスト】
  1. トライアングラー
  2. DOWN TOWN
  3. スピカ
  4. 雨が降る
  5. おかえりなさい
  6. モアザンワーズ
  7. プラリネ
  8. シマシマ
  9. パイロット
 10. さいごの果実
 11. バイク
 12. Buddy
 13. action!
 14. Private Sky
 15. Get No Satisfaction!
 16. マジックナンバー
 17. 風待ちジェット
 18. 猫背
 19. ループ
 20. ポケットを空にして
EN
 21. ミツバチと科学者
 22. 約束はいらない
 23. デコボコマーチ

セトリは某所からお借りしました。
「ようきんしゃったねー!」「今までなんばしよったと?」と博多弁炸裂。
この福岡公演がツアーの折り返し公演だったようです。

歌の方は、余りの上手さに驚きました。声もやっぱり素晴らしいよ。
七夕ソニックの頃よりも更に上手くなってる。曲数多いし激しい歌もあるのに
最初から最後まで完璧に歌い上げていました。いやぁ、びっくり。

トークも楽しいし、両端の人にも見えるようにちゃんと動きまわったり
真綾ちゃんの暖かい気持ちを感じました。

最後のデコボコマーチでは、なんとステージを降りてメンバー全員で会場を練り歩くという
そんなサプライズがあったのですが、
それが始まる前に真綾ちゃんが話している横でメンバーの2人が小突き合っていたら
「そこっ!ふざけるんじゃないッ!!」と一喝したのがステキ過ぎる(笑)

グッズはパンフとCDを購入。パンフは色々仕掛けがあって面白そうですよ。

今年1年のライブ納めにふさわしい、素晴らしいライブでした。
2013年の最初のライブはおそらく新居昭乃さんのLittle Pianoツアーです。
3月まで長いようー。
そしてエスムジカにはいつ会えるのかな。来年もこのブログにライブの話がたくさん書けますように。

 
posted by ぐりともる at 23:17| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

2012年 参加ライブ総括

2012年、どんなライブに行ったのかちょっとまとめてみようかなと思いまして。
書きながら調べますが、2011年に比べたらかなり少なかったような印象です。
今年は去年の半分くらいかな?ではでは行ってみます!

1月28日
東京エスムジカライブ「Song for Journey」
2012年のライブ第一弾は東京エスムジカ!これは嬉しいです。
美帆ちゃんのマタニティライブと言うことでちょっぴり見納めな気分でした。

3月11日
新居昭乃さん「Little Pianoツアー vol.3 福岡公演」
3年目となった昭乃さんの弾き語りツアー。
なぜかこのツアーは一度で終わったためしがありません。

3月30、31日
と、いうことで昭乃さんの「Little Pianoツアー vol.3 名古屋公演」
2Daysに急遽参加しました。ライブの2日くらい前に決めたんだっけなあ。
ちょっとずつ知り合いの人が増えて、楽しい遠征でした。
会場がフラットなので昭乃さんとの距離が近いので2013年も参加予定です

7月29日
新居昭乃「Purple Planet 大阪公演」
レコ発のフルバンド公演、真夏の大阪へ行ってきました。
とにかく暑かった!!ゲームのお友達と初めて会ったりしました。

8月26日
「AKINO with bless4 あるあるCity」
昔から歌は好きだったのですが、なかなか生歌を聴く機会がなかった
AKINOの歌を聴くために北九州へ。とても聴き応えがありました。
福岡でワンマンライブしないかなー。

9月30日
「手嶌葵 MUSIC CITY 天神2012」
年に一度は手嶌葵ちゃんの歌を聴きたい福岡人です。
福岡では彼女の歌を聴く機会が多いのが嬉しいところ。
2012年も聴けました。

11月10日
「KOKIA 種蒔きライブ2012 福岡」
なんだかすごーく久しぶりのKOKIAさんです。
3年半ぶり位?一時期よく福岡に来てくれていたんですけどねー。
東京からライブ&もつ鍋目当てにお友達が2人も来てくれたので
楽しかったです。

11月18日
東京エスムジカライブ「うたあしび おとあしび」
このライブレポ、書き上がったのはつい最近ですが
もうライブから1ヶ月以上経つんですよねー・・・。
すでに次のライブの情報が欲しくて仕方ないのです。
福岡に来てくれたお友達もエスムジカライブに来てくれました。

12月16日
坂本真綾「LIVE TOUR 2012 ミツバチ 福岡公演」
長年ファンをやってた割にちゃんとしたライブはこの日が初めてでした。
もうまーやちゃんが可愛くて、歌も上手くて、ちょっとFCに入りたくなりました(笑)
席は遠かったですが、1ヶ月くらい前のラジオ出演の時に至近距離で
綺麗なお顔を見られたのでまぁいいかなと。


・・・ということで、今年のライブは10件。
少なくはないけど多くもないというか。半分が遠征です。
来年はもっと行けたらいいな!(特にエスムジカ)
今のところ決まっているのは新居昭乃さんのLittle Pianoツアー vol.4です。

来るべき遠征に向けてお金貯めなくては。

ではでは多分これが今年最後の更新です。
皆様、良いお年を。そして来年も素敵な音楽に出会えますように!
 
posted by ぐりともる at 00:31| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。