2008年07月20日

残念だったり、良かったり

花とゆめで連載されていた那州雪絵作「ここはグリーンウッド」の
ドラマ化、全く知らずに見始めたのですがこれが意外と面白い。
原作は昔読んだことはあるけど所有はしていないので、
記憶が良い感じにおぼろげになっています。最初は如月瞬の女装は
キツイかなーと思っていましたが、見慣れてきたのか可愛く見えます。

男の子達がワイワイガヤガヤやっている雰囲気が、いかにも
原作の雰囲気。これはちょっと保存しよう。


んでフジのノイタミナ枠で始まったよしながふみ作「西洋骨董洋菓子店」
これは大好きなコミックで、しかもノイタミナ枠ということで
結構期待していたのだけど、一話を見てかなりショックを受けた。
まず原作の絵と似ていない。「誰?コノ人」状態。
声のイメージも合ってないし、なんかすごくお金がかかってない
アニメという感じ。
画面を注視出来ないアニメってのも珍しいかも。

でも原作ファンじゃなかったら楽しめたのかなぁ。





posted by ぐりともる at 22:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。