2009年07月18日

七夕ソニック続き・・・その3

今回でこのレポを完結させたい・・・がんばろう。

「ま〜もり〜た〜い♪」と響き渡る天上の声。
「tune the rainbow」を真綾ちゃんがアカペラで歌っています。
ああ、なんて綺麗な声。ライブDVD見たときは「昔の声のほうが
良かったよなぁ」と思ってちょっと残念だったのだけど、菅野さんと
一緒にやるとあの美しい声に戻るのかしら。
普通ならこんな大勢の前でアカペラで歌うとか、緊張して声が震えたり
しそうなものだけどさすがベテラン、堂々と繊細に歌い上げます。

んでそれに続いて中島愛が「VOICES」を披露。
出だしは良かったけど、後半がダメダメでした。鐘ひとつです。
(原曲を愛しているのでかなり厳しいです)

「ダイヤモンドクレバス」は相変わらず泣かせるねぇ(泣かないけど)
シェリルの歌を全て自分のものとしてしっかりと歌いこなすMay'nは
流石ですが、中でもこの曲は聴く度に心動かされるものがあります。
途中アカペラ部分もあったりして、本当に熱唱でした。
うむ、良い!

「gravity」これは生で聴きたかったので嬉しかった!
良いですよ。白い衣装の真綾ちゃんが神々しいです。
んでそのまま「THE GARDEN OF EVERYTHING」へ。Steve Conteとの
デュエットですが、ちょっと声量的に押され気味で
真綾ちゃんの声が余り聞こえない所がありました。
あと何か聴いてて違和感があって、どこがどうとはわかんないのだけど
テンポとかハモリが何か微妙に噛み合ってないような感じがしました。
歌い終わると、ステージに現れた怪人のマントに包まれて真綾ちゃん退場。

Steve Conteはギターをかき鳴らしながら「Could you bite the hand」
「Call me Call me 」を熱唱。でも私はこの曲を知らなかったので
ちょっと残念。かなりカッコ良かっただけにね。

次の曲では大きな歓声が。
「約束はいらない」のアカペラです!これもアカペラかな?と
思ったら、菅野さんのピアノであの前奏が鳴り響きます!
菅野さんのピアノでこれがずっと聴きたかったんだよーーー!
いいねぇ、音が素晴らしいよ。こんなん聴いたらCD聴けないじゃん!
とか思ってたら、1番が終わったところで菅野さんがエンドステージに
向かって走って行ったよ。
何?と思ったら幕が開いて、そこには待ちに待ったオーケストラが!!
うわぁうわぁ、なんだこれー!ヤバイ、泣きそうだよ。
オーケストラバックに歌う真綾ちゃん。バックに負けないように
声を張り上げ気味になってるのが可愛いねぇ。

興奮冷めやらぬままに「射手座☆午後九時Don't be late 」でもってけー!
バズーカ砲ですぱぱーん!!とやってみたり、シェリルのステージ
そのままな派手さ。いやー楽しい楽しい。
んで「星間飛行」は会場のあちこちに向かって「キラッ☆」
これはいかにもなアイドルコンサートって感じです。中島愛ちゃんの
履いているブーツが黄色くて、これってひよこ意識してんのかな?と。
菅野さんとMay'nが一緒に踊っていて、2人とも中島さんより
踊りが上手でした。

超特盛メドレーはこんな感じ。

 01.Genesis of Aquarion /vo.May'n
  ;サビ大合唱
 02.What 'bout my Star?
 03.愛・おぼえていますか
 04.私の彼はパイロット
 05.Welcome To My FanClub's Night!
 06.プラチナ /前半のみvo.May'n、中島愛
 07.rise
 08.インフィニティ
 09.ヘミソフィア
 10.beauty is within us
 11.ELM /vo.ORIGA
 12.奇跡の海
  ;イントロのみ(ブリッジ)
 13.After, in the dark
  ;イントロのみ(ブリッジ)
 14.RAIN
  ;2コーラス目よりFemale Vocal version
 15.蒼のエーテル
  ;途中May'nによる「ダイアモンド クレバス」重唱
 16.Gotta knock a little harder /vo.全員
 17.指輪
 18.THE REAL FOLK BLUES

怒涛のメドレーだったのですが、これだけは言いたい!
なんで「After, in the dark」イントロで終わってしまうんだよぉ。
これ、大好きなのに!イントロ流すんならワンコーラスでも
歌って欲しかったのにいぃぃぃ(号泣)
かなり肩透かし食らってしまいました。

「プラチナ」は最初中島さんが歌い始めたので「なんで?」と思ったら
すぐに真綾ちゃんが赤青黄の羽のたくさんついた衣装で
飛び出してきたのがなんともキュート。髪の後ろの方が
はねているのもひよこなんだね。

ORIGAは出番が少ないんだから、もうちょっと「rise」を長く
歌って欲しかったなぁ。

んで「BLUE」−!真綾ちゃんのコーラスがなんて美しいの。
100均で買った青いサイリウムをここで引っ張り出しましたよ。
正直サイリウムは腕が疲れるし、どう扱ったら良いのかわからないので
苦手なのですが、この曲の時はお約束らしいからやらないとね!
出番の少ない山根さんですが、存在感大きいです。
降ってくるような歌声が素晴らしくて格好良くて、
いつまでも聴いていたくなりました。

ここで一旦終了でメンバー退場。

それほど待つこともなくまたすぐにメンバーが戻ってきて
「Yo pumpkin head 」に乗って菅野よう子のひよこダンス。
うおー、菅野さん可愛ええ!ひよこの格好、お尻フリフリ。
一体どんだけひよこにこだわっているんだ。可愛い可愛いー
んで次が「Tank!」です。3,2,1,Let's jam! 
最高に盛り上がるね!この曲はやるのが確実でしたから。
どひゃーと騒いでサックスで盛り上がってなんかもう訳がわかりません。

そしてここからオーケストラメドレーです。
そのアニメの名場面のシーンと合わせて流れているのですが、
私の席からはほとんどオーケストラが見えなかったので
もうちょっとオーケストラの様子を流して欲しかったのが本音。

エスカフローネからたくさん流していたのだけど、私はエスカの曲が
余りわからないので残念。「エスカ!フローネ!」ってのは知ってるけど。
合唱団の人たちの歌声が迫力あって最高でしたよ。
マクロスプラスとアクエリオンから流れたのは嬉しかったけど
大好きなブレンパワードから1曲もなかったよ。
OP映像で裸のムスメ達のたくさん出てくるシーンが流れたというのに。

んで軽いノリで流れてきたのは「SMS小隊の歌」。
こんな曲にオケ使うんですか?さすがカンノヨーコ。
大合唱してるとメンバー登場。
ここでMCがあったんだっけ?「カンノヨーコでしたぁ」と
例のフニャフニャ声に会場が笑いに包まれる。
「平日というのにこんなにたくさん来てくれやがってありがとう」
らしいな!菅野さんらしいな!

その後は中島さんが「みんなこれ知ってるよねー」と手をぱふぱふ。

知らんがな。

菅野さんがアコーディオンをセッティングして始まったのは
「アナタノオト」ならぬ「アヒルノオト」。
「どくんどくんどくん」のところをぱひーぱひーぱひーと鳴らすらしい。
ひよこ持ってないのでひたすらステージ見てました。
みんなニコニコしててすごく幸せな気分です。

「End title ノスタルジーナ」が演奏されている間
リハの風景が流れて、これでいよいよライブが終わってしまうんだと
誰もが思っていたその時、指揮を終えて振り向いた菅野さんの
前にはマイクスタンド。


え、まさか


まさかまさか


流れてきたイントロは「MOON」

嘘でしょう?

そして、菅野さんはゆっくりとCDと同じ声で歌い始めました。
Gabriela robinの曲を。

菅野さん=Gabriela robinというのは公然の秘密で、
でも本人からばらすことはないんだろうなと思っていたのに

以前はこの「MOON」はORIGAが歌って、菅野さん=Gabriela robin説を
煙に巻いていたのに、今こうして皆の前で、私の前で歌っているよ。

それまでニコニコしてたのにものすごく緊張してて、声もちょっと
震えてて、私たちを楽しませるためにこんなに頑張ってくれた菅野さん。
何か色んな思いがどーっと溢れて来て、ついでに目からも涙が
どーっと溢れましたよ。もう目を見開いたまま泣きまくり。

2番からは声もしっかりと出て、特に高音の伸びが凄かった。
作って演れて踊って歌って惚れさせて全てが一流、なんて天才。
そうして静かにステージが終わったら、これ以上思い残すことはないよ。
すごくすがすがしい気持ちで会場を後にしました。
後ろの方で何か騒いでいたみたいだけど野暮だねぇ。

というわけで、何とか七夕レポ終了です。
この後にもまた素敵な出来事がありましたよ!駅が込む前にさっさと帰ろうと人ごみの中、駅に向かって
歩いていると・・・おや?またもや昭乃さん発見?!

「あの・・・先ほどはどうも」と声を掛けると
あら!という顔で「また会うなんて気が合いますね♪」と
ニコッとされて、ええもうFall in Loveですよ!
「ライブ良かったですねー」と言われて「はい、泣きました!」と
春日のように胸を張る私。キモイぞ。
何かもう舞い上がって「福岡でライブー」と壊れたレコードの
ように言う私と、ニコニコしながら話を聞いてくれる昭乃さん。

いい加減切り上げないとご迷惑なのでお別れすると、
「あの、気をつけて帰ってくださいね〜」となんてヒトだ!
ステージの姿と変わらなさすぎ!

素敵なヒトだったなぁ。ステージに立って素敵に歌うヒトは
やっぱり素敵な人だった。初対面の怪しい私にまで
こんなに丁寧に接してくれるなんて・・・と地に足のつかない状態で
帰りました。

そうして、何か勝手に運命を感じた私は
大阪の昭乃さんライブに行くことにしました!
体調はかなり悪いですが、頑張って行くのですよ。
きっと昭乃さんの歌を聴けば、スッキリと治るはず。絶対ね。
posted by ぐりともる at 02:36| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野よう子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック