2011年06月28日

手嶌葵「コクリコ坂から」インストアイベント

今日は去年の9月のワンマンライブ以来、久しぶりの手嶌葵ちゃんのイベントに行ってきました。
場所は新しくなった博多駅のシネコン「T・ジョイ博多」のロビーの一角です。
一角とはいってもそれなりの広さで、CDショップのイベントなどよりはきちんとしたスペース。

この夏公開されるジブリ映画「コクリコ坂から」の宣伝イベントなのですが
福岡は手嶌葵ちゃんに加えて名物の鈴木プロデューサーと宮崎吾朗監督も来られての
トーク&ライブショーでした。

宮崎監督はなかなかイケメンで俳優の津田寛治さんに似ています。
鈴木プロデューサーはテレビで見るそのまんま。広報担当だけあって話が上手でした。
さすが手嶌葵ちゃんの地元というだけあり、平日にも関わらず
鈴木プロデューサーが驚き、宮崎監督がしどろもどろになる位に
たくさんお客さんが集まっていました。

今回の主題歌「さよならの夏」は森山良子さんの曲のカバーです。
宮崎駿がこの曲を聴きながら脚本を書いて、お父さんとしてはこの曲をそのまま
使いたかったらしいのですが、息子吾朗さんは「こんなオバサン声は嫌だ!」と(笑)
んで「勝手にしろ!」ということで手嶌葵ちゃんが歌う事になったそうです。

まぁ吾朗さんは手嶌葵マニアなので当然といえば当然かもですねー。
それにプロモーションに森山良子さん連れて回る訳にもいかないでしょう。

なんか切ない曲歌わせたら葵ちゃんは最強です。
あの声だけで泣けてきますもん。
客層の幅が本当に広くて、まさに老若男女!
ここまで各世代がそろっている歌手は本当に稀だと思います。

歌った曲は
 「上を向いて歩こう」
 「朝ごはんの歌」
 「さよならの夏」 の3曲でした。

衣装は緑がかった、涼やかな透ける素材のワンピース。
切り替えが胸の下あたりなので、足がすっごく長く見えました。
ってか、まだ身長伸びてるんでは?!
綺麗なお姉さんになってました。

ライブ後はCD購入者へサイン色紙を葵ちゃんから手渡し、と
なるのですが、鈴木プロデューサーの提案で
その色紙に宮崎監督もサインを入れてくれるというもの。
おおおおお!!すっごくラッキーではないですか!

ほんでもって、頂いたのがこちらです。
DSC_0070000.JPG

(あ、色紙はCDサイズだったのでこうして収納しており、歌詞カードへの
サインだったわけではありません)
葵ちゃんとは握手したけど、宮崎監督にもしてもらえば良かったー!

8月にはイムズホールで葵ちゃんのライブもあるので楽しみです。
身体に気をつけてプロモーション頑張ってー♪

  
posted by ぐりともる at 23:06| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212323845

この記事へのトラックバック