2012年05月19日

中島みゆき「歌旅」劇場版



たまたまツイッター見ていて気付いたこんな映画。
2007年に行われた中島みゆきの唯一DVD化された全国ツアーがなぜか今映画化。
DVD持っているし、だいたいこのライブは実際に見ているので、最初は「ふーん」という
感じでした。

(ちなみにその時のライブ感想は→こちら

しかし予告編を見たら行ってみたくなって、DVD見なおしていたら更に気持ちが高まり
結局14日に近所のワーナーマイカルまで観に行ってしまいました。

ツイッターでたくさんの方が言われていますが、残念ながら音は余り良くなかったです。
しかし大画面で見るとみゆきさんの目線、指に込めた感情、全身で歌っているのが見えて
実際のライブに行った時よりも、ぼろぼろ泣いてしまいました。
この5年で音楽に対して涙もろくなってしまったのかなぁ。

55才とは思えない美しさ、聖女のように微笑みながら太い声でガナり、
ドレスの裾をはためかせて、19曲を最後まで息切れすることなく歌い上げる。
しかもこれが全国ツアーなんだもの。あの細さが身体を削って歌っているのを物語ります。
昔何かのインタビューで、ツアー前に頑張って食べて肉をつけても、ツアー最中に
どんどん痩せていくので衣装を縫い縮めなきゃいけないというのを読んだ気が。

映像ではほんの一言を除いてMCはすべてカットされているのですが、実際は
1~2曲置きにMCが入っていたので、3時間位の長いライブでした。
劇場版でもちょっと流れるかと期待してたけど、なかったのは残念です。

ちなみに「宙船」でコーラスの男性がワンコーラス歌っているのは
TOKIOへのデモテープ渡すときに仮歌を、普段は女性コーラスの人に
歌ってもらっているけど、男性に入れてもらった方がいいじゃーんということで、
この方にこんな風に歌ってもらいました、という流れでああいうことに。

吉田拓郎曲のカバー「唇をかみしめて」は、つま恋にシークレットゲストとして招かれて
みゆきさんはこのフェスを見るのをすごく楽しみにしていたのだけど
当日は出演寸前までホテルに缶詰、カーテンを閉めきったバンで会場まで行って
歌い終わったらすぐにカーテン閉めきったバンで撤収だったので、全くつま恋を
見られなかったというお笑いMCの後に歌われました。
(この時の映像はYouTubeにあるので、探してみて下さい)

ライブ映像のあとは「荒野より」のミニムービー。みゆきさんは余り出て来ません。
なかなか良かったのですが、ライブ前に上映の方が良かったんでないかなー。
スタッフロールが流れてる間に退出しちゃった人が結構いました。
あと、初心者さん向けに曲のタイトルは出したほうが親切だと思います。

お客さんは平日の朝一番だったので少なかったのですが
どの年代もまんべんなくいたように思います。チャラい感じのにーちゃんもいたし(笑)
あ、もしかしてバンドとかやってるにーちゃんだったのかな?

今年はツアーをやるらしいですが、チケット取るの大変だろうなぁ。
映画のお陰で倍率が更に上がりそうです。
posted by ぐりともる at 14:44| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック