2013年03月18日

「東京カフェスタイル」#3

東京と来たら「エスムジカ」が定番ですが、今日はこのCDを紹介します。

「東京カフェスタイル」#3 fantasies f.e.n
東京カフェスタイル.jpg
1.  VALENTINE’S RADIO  vo:拝郷メイコ
2.  真夏の夜の夢  vo:諫山実生
3.  SWEET DREAMS  vo:池田綾子
4.  時をかける少女  vo:KOKIA
5.  もう愛は始まらない  vo:長谷川久美子
6.  DOWNTOWN BOY  vo:池田綾子
7.  WANDERERS  vo:松本英子
8.  まちぶせ  vo:長谷川久美子
9.  土曜日は大キライ  vo:諫山実生
10. BLIZZARD  vo:池田綾子+KOKIA
11. 最後の春休み  vo:拝郷メイコ
12. リフレインが叫んでる  vo:松本英子
13. 春よ、来い  vo:池田綾子

ユーミンの曲をKOKIAがカバー、しかも他のシンガーも実力派ばかり。
なによりもこの時期のユーミンの曲が好きだということがあって
余りカバー物は好きではないのですが、買ってみました。

聴いてみた感想は・・・予想よりもずっと良かったです!!
選曲はスタンダードなものとマイナーなものを織り交ぜて
声質が似ている方々なのですがちゃんと個性が出ていて
何よりもすんなりと聴きやすいです。

KOKIAの珍しい邦楽カバーはどんなだろうと思いましたが
まず「時をかける少女」は原曲を歌った原田知世さんに歌声が
そっくりなことにびっくり。
自分の曲を歌う時とは違う声の出し方をしていて
タイトル通りに少女のような儚げな歌声。
「あなた」ではなく「わたし」の方が消えてしまいそうですが
これがKOKIA流の解釈なんでしょうねー。

そして池田綾子さんとコラボした「BLIZZARD」
以前から池田さんとは声の感じが合いそうだなと思っていましたが
これまたバッチリな感じ。
ユーミンの歌う「BLIZZARD」はなんか賑やかでお祭りっぽ感じですが
こちらは油断すると遭難しそうな本格的な吹雪というイメージです。
二人の静かな歌声がとても美しいです。
池田さんはKOKIAの歌唱力に負けない数少ない同年代の女性シンガーなので
これで終わらずにまた何か一緒にやって欲しいなあと思います。

最後の曲、池田綾子さんの「春よ来い」は圧巻の一言。
ああ、こんなに綺麗な曲だったんだなぁと改めて思いました。
拝みたくなるような神々しい曲になっちゃってます。

このシンガーたちの実力と、ユーミンの曲の良さが
いい具合に塩梅された素敵なCDです。
#1と#2も欲しくなりました。
のんびりとした昼下がりのBGMにぜひ♪

   

 
posted by ぐりともる at 00:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック