2007年06月10日

握手会

FM福岡によるゲド戦記イベント「テルーの心」に行って来ました!
あ、その話の前に訂正をば。てっきり公開生放送だと
思っていたのですが、放送は後日でした。7月って言ってたかな?

階段に番号順に並びましたが、家族連れが多い!
ジブリファンなのかなぁ。トークショーとか子供にとって
余り面白くないと思うんだけどね。
DJの米岡誠一さん、こはまもとこさんの司会進行により
まずジブリ広報の西岡純一さんが登場。
宮崎吾朗監督の話や、その下で働く事になったジブリスタッフと
確執があったことなど、裏話を披露していきました。

んで20分くらいたってから手嶌葵ちゃんの登場。
深い青のシフォンみたいなチュニックブラウスに、黒のスキニー
(もしくはレギンス)と葵ちゃんお得意のファッション。
前より少し痩せたかな?と思いました。
質問コーナーでは割とありがちな質問が多かったのですが、
あえて答えやすいものをスタッフが選んでいたのかも。

しかしここで、米岡さんがスゴイネタバレ発言をしたのです。
その瞬間、こはまさん、葵ちゃん、西岡さんが固まりました。
当の本人は気付いていませんでしたが、きっと放送時は
カットされるんじゃないかなぁ。
米岡さん、ここに来た人みんなが映画を見た訳じゃないよ〜!
私も見てないし。配布されている「ゲドを読む」にその
ネタバレは載っているとはいえ、マズイだろーと。

イベント終了時には西岡さんがお土産に持ってきたという
ゲド戦記腕時計争奪ジャンケン大会がありました。
私はジャンケンが弱いので、当然ダメ。
んでその後に待ちに待った握手会です手(パー)
ステージの上に入場時に貰った整理券順に並んで、サイン本を
手渡してもらいつつ葵ちゃんと握手するというもの。
小さいおこちゃま相手の時は、葵ちゃんは目線までしゃがんで
ニコニコしながら嬉しそうに握手していました。

相変わらず綺麗な娘さんでしたよ、葵ちゃんは。
夏にコンサートがあるらしく、詳細は後日発表との事でした。
嬉しいなぁ!
07-06-10_23-13.jpg
それにしても、「テルーの唄」くらいは聴きたかった・・・。

posted by ぐりともる at 23:48| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

ゲド戦記イベント

6月10日の日曜日、福岡市のCDショップでゲド戦記のイベントが
行われます。
んで、当然手嶌葵ちゃんが出演。あとはジブリの人も来るらしい。
詳しい内容は→こちら

整理券は先着100名。今日貰いに行ったのですが、
まだあったので近郊の方で興味のある方は
行かれてみてはどうでしょう。
しかし昨日見た時は「サイン会」とあったハズなのに
今日見たら「握手会」になってる・・・何故?
サイン会が良かったのに!
しかも昨日は手嶌葵ちゃんだけがゲストだったのに。
トークが苦手だからかなぁとか、色々考えてしまいます。
「テルーの唄」「時の歌」を歌ってくれるのを期待して
いたのですが、歌わないかもしれません。

いや、しかし気付いて良かった。
手嶌葵ちゃんの公式サイトは非常に重くてロードに時間が
かかり、なかなか開かないので余り見ないのです。
このイベントが載っているかは判らないんですけどね。
福岡のラジオ局のチェックはマメにしているので、
うっかりせずに済みました。
それにしても、手嶌葵ちゃんが福岡出身で良かったなぁ。
イベントがたくさんあります。
posted by ぐりともる at 23:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

ミュージックフェア

今日・・・いや昨日か。
ミュージックフェアに手嶌葵ちゃんが出てました。
他に加藤登紀子さんと夏川りみさんも出演されてましたが、
流石に場慣れしてキャリアもある二人に較べると、葵ちゃんは
相変わらず見てるほうが母の気分にさせられます(笑)

「時の歌」が流れて嬉しかったですが、「生まれ消えていく〜」の
部分がライブだとかなり力強く歌ってくれるのに、
今回はCDのように細く歌うバージョンだったのが残念でした。

それにしてもビックリしたのが、夏川りみさんの上手さ!
「涙そうそう」しか聞いたことなかったのですが、
今回聴いた「フルサト」という曲で、声の美しさと完璧な歌唱力に
感動しました。

加藤登紀子と言えば、昔うちの父が好きだったのですが
持っていたレコードに「赤い風船」という曲がありました。
その歌詞が、小さい男の子がいつも赤い風船で遊んでいたと。
その風船が手を離れてふわふわ飛んでいったのを追いかけて、
道路に飛び出した所を車に轢かれて死んでしまったという
そんなショッキングな歌詞なのです。
こういう曲をアルバム1曲目に持ってくるというのもスゴイと
思うんですけどねぇ。

posted by ぐりともる at 01:52| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

at 九州国立博物館

昨日手嶌葵ちゃんのミニライブに行って来ました!
場所は九州国立博物館。招待制ですが、特別展のチケットが
必要です。
開場の45分ほど前に着いたのですが、もう並んでいました。
ライブの後だと展示が見られないので、とりあえず駆け足で
特別展示を観に行きました。
「未来への贈りもの 中国泰山石経と浄土教美術」と言うもので
正直興味はなかったのですが、行って見ると精巧な釈迦像や
巨大な石経が数多く展示されており、見ごたえのあるものでした。

開場30分前に列に並び、3列目のセンターに座る事が出来ました。
新しいホールで余り広くはないけど、ステージの高さがあり
なかなか良いです。
手嶌葵さんの前回のライブでもそうだったのですが、
開演の時にはゴーンゴーンと鐘の音が鳴り響くのです。

白いアンティーク調のワンピースを着た手嶌葵さんと
白いシャツの塩谷哲さんが入場し、まずこの特別展の
テーマソング「心の調べ」から始まりました。
何かすごく嬉しそうにニコニコしながら唄っています。

んでMCに入ったとき「北九州・・・じゃなかったすいません、
九州国立博物館」といきなり間違えていました。
顔を赤くしておでこに手をあてて、うつむく葵ちゃんは
かなり可愛かった!

「徒然曜日」「テルーの唄」「What a Wonderful World」
「時の歌」「竜」「岸を離れる日」
アンコール「The Rose」
をMCを交えながら歌ってくれました。

なんかねー、「時の歌」歌われると大好きな曲のせいか
条件反射的に泣けてくるんですよ。
今回も「何で?」と思いながら、ボロボロ泣きながら
聴いてました。他の曲ではそんな事ないんですけどね。

場所的に手嶌葵ちゃんと良く目が合ったような気がしますが、
気のせいなのかな?
もしもこちらを見ていたとしたら、唐突に泣き出した私に
かなり驚くだろうなーと思いました。
「時の歌」はCDだと静かな曲なのですが、ライブでは
熱く心を込めて唄ってくれたので、本当に良かったです。

塩谷さんのピアノも教会の時とはアレンジを変えたりして、
自由自在に音を操れて、手嶌葵ちゃんともしっかりと
音楽の意思疎通が出来ているんだなーと見て聴いてわかります。
この二人のコンビはかなり良いです。
6月に塩谷さんのライブが福岡であるらしいですが、
手嶌葵さんが飛び入りゲストで出るのではないかなと
予想しているので、余裕があったら行ってみようかなと。
1時間弱の短いライブでしたが、今回も満足しました。

ホールの音は良かったし、椅子もゆったりしていました。
床がフラットなのはイマイチですが、ステージの高さも
あったので、いつかここで東京エスムジカのライブを
見られたらなぁと思いました。

さぁ、まだまだ幸せなライブ強化期間は続きますよ!
posted by ぐりともる at 11:56| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

春の歌集の会

ちょい書くのが遅くなりましたが、29日に手嶌葵さんの
「春の歌集の会」招待ライブに行って来ました。

場所は街中の赤坂ル・アンジェ教会。
結構凝ったデコレーションの施された教会です。
整理番号順に整列するのですが、スタッフかかなりきちんと
番号順に並ぶよう指示してくれたのは良かったです。

座席も真ん中にバージンロードがあって(もちろん絨毯は
ひいてませんが)両側に木のベンチタイプの長椅子。
うーん、こういう場所に来るのは幼稚園以来です。
前から3列目の右寄りに座りました。ちょっと背中が痛いなぁ。

何故かこの教会の外人牧師さんの挨拶に始まって、
それから手嶌葵さんと、ピアノの塩谷哲さんの入場です。
auの携帯CMに使われた「徒然曜日」をかなりゆっくり目に
歌い始めます。何か見ているほうがハラハラしてしまうのですが
最初からしっかりと声が出ていました。

ぐいぐいと歌声に惹き込まれます。
定番の「テルーの唄」は1番をアカペラで歌ったのですが、
アカペラでここまで聴かせる新人歌手ってのも稀有な存在で
スゴイなーと思います。

「竜」という曲はCDではそれほど好きな曲ではなかったのですが
ピアノの迫力と、それにつられて行くようにどんどんと
パワーアップしていく葵さんの歌声、更にそれに負けまいと
激しくなるピアノの演奏にドキドキしました。

念願の「時の歌」も聴けました。途中音の高い部分が
あるのですが、ものすごく迫力があって良かったです。

詩の朗読、誰もが知ってる洋楽のカヴァーと、そこそこに
本人のこだわりらしきものが見えて、後は地元福岡と言うのも
あってか、思ったよりも色々と一生懸命MCもしてくれて
予想を遥かに上回る、素晴らしいライブでした。

普通なら洋楽のカヴァーとかじゃなく、自分の持ち歌を
歌って欲しいと思うのですが、手嶌さん自身がとても
楽しそうな事と、その素敵な歌声に、今までになく
「あ、この人ならこれもアリだよなー、ってかこっちのが
良いかもしれない」と思いました。
1時間で10曲ほどのミニライブでしたが、至福の1時間でした。

彼女の声には「癒される」というよりも「満たされる」ものを
感じます。控え目な印象の本人とは裏腹な、豊かな表情を
持った彼女の歌声に、ライブ終了後は「本当に良かった」としか
言う事が出来ませんでした。
手嶌葵さんに関しては、生で聴いてこそ本当の良さが判る、
これからも見守って行きたい歌手の一人になりました。
まだ19歳、どんな風に成長するのかが楽しみです。
posted by ぐりともる at 16:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

当選した!

3月29日に行われる手嶌葵コンサート「春の歌集の会」に
無事当選しました!
教会で行われると言う事で荘厳な雰囲気になるのではないかと、
非常に楽しみです。
当選すれば翌月末に九州国博で行われる招待ライブにも
行かれますし、どうやら今年はライブの当たり年になりそうな予感です。

「時の歌」を生で聴きたくて仕方なかったのです。
多分歌うと思うので、本当に楽しみです。
posted by ぐりともる at 20:21| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

福岡で良かった!

3月29日のライブの当確もまだわからぬ内に、手嶌葵さんの
次のライブの報せが飛び込んできました!

場所は九州国立博物館。最近電気自動車を観に行った所です。
結構色んなイベントがあるようで、博物館ですが
なかなかユニークな使い方をしているようです。

実は博物館を作るときの現場事務所にちょっとだけ
働きに行ってました。
時給の安さと朝5時起きと仕事内容に不満を持って、1ヶ月ほどで
辞めましたが。
あの時は地面を掘っている段階だったのに、こんなにすごい
建物が出来ちゃったんだなぁとしみじみしました。

今度のライブも招待制ですが、頑張って当てるぞ!
ちなみに詳しい内容はこちらです
posted by ぐりともる at 02:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

プロモーション

三代目魚武濱田成夫プロデュースによる音楽イベント
「生きて泳げ 涙は後ろへ流せ」という、中島みゆきの歌で
構成されたイベントが3月31日に行われます。
くわしくはこちら

そこに手嶌葵さんも出演されるそうですが、あの声で
一体どの曲を歌うのか興味があります。
んで、「手嶌葵にピッタリの中島みゆきソングbest5」を
選んでみようと思います。

1.「月の赤ん坊」
2.「砂の船」
3.「ホームにて」
4.「鳥になって」
5.「萩野原」

こんなとこでしょうか。どれも私の好きな曲です。
「ヘッドライト・テールライト」あたりが来るんではないかという
予想があるみたいですし、まぁその方がメジャーですから
上の5曲はありえないと思いますが、ぜひ聴いてみたい所です。
と言っても行くわけではないんですけどね。


今日は福岡のラジオ局行脚を手嶌葵さんがされると言う事で
仕事の合間をぬって、覗きに行って来ました!
たまたま一人でいる所を見かけたので、「手嶌さんですよね」と
声をかけたら、すっごく警戒するような顔で後ずさりされて
しまいましたたらーっ(汗)
でも、「昨日谷山さんのコンサートで聴かせてもらいました」と
言うと、緊張が解けてニコッと笑顔になってくれたので
自分が唐突に声をかけられてもおかしくない位の有名人だって事
自覚してないんだろうなぁ・・・と可笑しかったです。
手の指が長くて美しいのが印象的でした。

3月末に福岡で無料招待ライブがあるので、頑張って当選するぞ!
posted by ぐりともる at 23:56| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

谷山浩子コンサート with 手嶌葵

谷山浩子さんのコンサートに行って来ました!
のんびり入った割には、5列目のセンターにぽつんと空いた席を
見つけたので、なかなか良い場所で聴く事が出来ました。

と言っても、谷山さんはグランドピアノを弾き語りなので
余り見えないんですけどね。
「銀河通信」から始まって、知ってる曲がいきなり流れた
嬉しさにワクワクしていると、MCで昨日のセットリストは
マイナーな曲ばかりを歌ったので、今日はメジャーな
ベストからの選曲でやります!と嬉しいお知らせ。

半分位は知っている曲でした。
「May」「カントリーガール」「恋するニワトリ」
「まっくら森のうた」「ねこの森には帰れない」等等・・・
MCもとぼけていて楽しかったです。

んで注目の手嶌葵さんですが、喉を痛めているらしく
本調子ではなさそうでしたが、テレビで聴くよりも遥かに
素晴らしい歌声でした!
何か声って感じではないのですよ。人の口から出ている音とは
思えない、不思議な音色でした。
歌ったのは「テルーの唄」「岸を離れる日」の2曲でした。
うーん、もっと聴きたかったなぁ。

谷山さんとも打ち解けてきたと言う事で、トークの間も
終始照れくさそうな笑顔でした。
しゃべる間はうつむいて小さな声で話すのですが、
歌い始めた途端にしっかりと前を見据えて、堂々と歌う姿が
印象的でした。ちなみに実物の方が、美少女でした。

谷山さんも声が昔のCDそのままで、あの美声を維持してるのは
すごいなーと感心しました。
谷山さんが最後に言った「嫌な事はさっさと忘れちゃいましょう。
良い事を見て、過去を振り返らずに楽しい事を探しましょう」
という言葉に元気が出ました。
本当に素晴らしい、大満足のコンサートでした。
posted by ぐりともる at 22:25| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

手嶌葵「春の歌集」

タイトルはこう書きましたが、実はまだCDは買ってません。
一昨日に買ったダ・ヴィンチという雑誌で発売を知った次第で
昨日はMステとか色んな歌番組に出ているのをチェックしました。

すごく気に入っている訳ではないのですが、耳に残るんですよ。
んで2月11,12日に福岡で行われる谷山浩子さんのコンサートに
ゲスト出演するというので、昨日慌ててチケットを取りました。
前々から生で聴いてみたかったのです。
ちなみにゲストとして出るのは12日のみで、前日の分のチケは
連休中日と言う事もあってか、SOLD OUTだったので
買えたのはラッキーでした。
会場のキャパを考えると、入場は最後尾に近いと思いますが
歌を聴きに行くし、狭い会場なので別に良いやと。

ただねぇ、メインの谷山浩子さんの曲を殆ど知らないんですよ。
むかーしのベスト盤に入っている曲や、みんなのうたに
使われていた曲位しか知らなくて。
しかもセットリストが毎回ガラリと違うようなので、予習も
出来ません。知ってる曲が流れれば儲けもんです。
個人的には「ガラスの巨人」という曲が聴きたいです。
この曲はとても好きなので、iTunesで落としています。

手嶌葵さんの生歌、非常に楽しみです。
CDはおそらくライブ会場で販売されると思うので、その時に
購入する予定です。
考えてみると、ライブは去年春の東京エスムジカのツアー
以来かも。
posted by ぐりともる at 15:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手嶌葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする