2009年12月18日

音叉とか!虹とか!

新居昭乃さんの「水の神殿」ライブのセットリストが発表されました。
うん、まぁ私は行ってないんだけどね。

2009/12/13 「水の神殿」at 東京 国際フォーラム Cホール

【セットリスト】
  1 音叉「降るプラチナ」
  2 Trance Transistor Table Radio 「鉱石ラジオ」
  3 Little Wing 「RGB」
  4 Moon Light Anthem 〜槐 1991 「空の森」
  5 ガレキの楽園 「降るプラチナ」
  6 人間の子供 「そらの庭」
  7 Lhasa 「ソラノスフィア」
  8 At Eden「ソラノスフィア」 
  9 バニラ 「エデン」
 10 エウロパの氷 「鉱石ラジオ」
 11 Campos Neutros ワーズワースの庭 シングル
 12 ルビーの月 ヒスイの海 「エデン」
 13 mizu 「ソラノスフィア」
 14 サリーのビー玉 「sora no uta」
 15 Haleakala 「ソラノスフィア」
 16 OMATSURI 「そらの庭」
 17 WANNA BE AN ANGEL 「空の森」より
 18 VOICES 「空の森」
 (アンコール)
 e.c.1 Sailor 「新曲」
 e.c.2 虹 「西の魔女が死んだ」エンディングテーマ

これ見た途端、「ぎゃーーーーー!!!」ですよ。
ナンデスカ、この特上のセットリスト!
行ってたら絶対に号泣モンだったに違いないよ。鼻水垂らしながら
泣くレベルだね。(汚ねーな)
ああ、KOKIAライブとブッキングさえしていなければ。
していなければ、していなければあぁぁぁぁぁー(←別の意味で号泣)
いや、KOKIAは良かったんだよ?でもこないだのライブ、セットリストが
イマイチだったからさぁ・・・。

もう1曲目の「音叉」とラストの「虹」だけで東京遠征の元は取れて、
お釣りまで出そうなそんな感じ。
「音叉」は割とマイナーな曲だと思ってたけど、リクエストで選んだ
セットリストというのを考えると、人気の曲なのですねー。
私のiTunesの昭乃さんの曲では再生回数第2位です。
(ちなみに1位は「at eden」。これも歌ってるしー)

「虹」は手嶌葵ちゃんへの提供曲で、今更言う事ではありませんが、
とてもとても良い曲です。大好きな曲で、生で聴く度うるっとします。
多分葵ちゃん自身も気に入っているのではないのかなと。

話は逸れますが、昭乃さんは葵ちゃんに何曲か提供していて、
どれも昭乃さん節炸裂です。特に「春の歌集」に入っている
「月のかけら」という曲は新居昭乃ファンなら誰もがわかる位、
昭乃さんらしい曲で、仮歌は多分昭乃さんが歌ったんじゃないかと
思うので、「昭乃さんならこんな感じで歌ったんだろうな」と
なんとなーく想像できるのですが、「虹」に関しては
葵ちゃんが、完全に自分の曲としてしっかりと歌い上げているので
自分の中で、昭乃さんver.に変換が出来ません。
何回も葵ちゃんの生歌で聴いているから、そっちの方が強いのよね。
だからこそ聴きたかったなあ。いつかセルフカバーで出して欲しいよ。

知らない曲もあるけど、殆ど好きな曲ばっかり。
YAYOIさんコーラスの「OMATSURI」とかさぁ、
15〜18曲目の流れって、まるで天国じゃない?!(意味不明)
DVDは無理としても、音源をCDで出してくれないかしら。

絶対、いつの日か「音叉」と「虹」を生で聴いてみせる!!
昭乃さんと明希葉さんライブの東京遠征は、来年の大きな目標です。
posted by ぐりともる at 00:39| 福岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

絶対無理!

新居昭乃さんの今年最後のライブが決定!

新居昭乃 LIVE 2009 “水の神殿”
2009年12月13日(日)
東京国際フォーラムCホール

昭乃さんのブログには「昔の曲や余りライブでやった事がない曲を
やってみたいと思います。リクエストがありましたらどうぞ」とか
YAYOIさんもゲストで来るとか。「花かんむり」確実じゃないかー!
ああ、行きたい行きたい、東京行きたい!

・・・とここでハッと気が付きました。

この日、KOKIAの福岡ライブの日だった

あああ、絶対無理。行かれない。
なぜよりにもよってこの日なの。1週間ずれてさえくれればーーーー!!

今日は何か色々あったなぁ。

石川智晶さんの新アルバム「誰も教えてくれなかったこと」は
ちょい民族音楽テイストで、いい感じよー。
詳しいことはまた後日改めて。

誰も教えてくれなかったこと

誰も教えてくれなかったこと

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: JVCエンタテインメント・ネットワークス
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: CD




posted by ぐりともる at 00:30| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

新居昭乃ライブ「ソラノスフィア」@大阪

今日東京公演が終わったので、レポ書きますよ。

7月19日Zeep大阪にて行われた昭乃さんのライブに行って来ました!
まずはセットリストから。

  OPENNING
  鏡の国
  Monday,Tuesday
  ターミナル
  きれいな感情
  虹色の惑星
  The Tree of Life
  ノルブリンカ
  印象
  太陽の塔
  adesso e fortuna 炎と永遠
  夜気
  Lhasa
  ガレキの楽園
  降るプラチナ
  鉱石ラジオ
  Orient Line
  Haleakala

 【アンコール】
  蜜の夜明け
  美しい星

開場時間は20分程遅れてようやく入場。
グッズは普段余り買わないのだけど、デザインがとても可愛かったので
Tシャツとトートバッグを購入。
090720_194924.JPG

お客さんは男女比4:6というところかしらん。
意外と女性が多かった。以前福岡でのライブに行ったときは
微妙に男性の方が多かった気がするのだけど。

OPはメインのスクリーンと手前の紗幕にメンバーの名前が
映し出されて相変わらずカッコいい!
前は3面スクリーンで拡がりを見せていたけど、今回は奥行きがあって
立体的な表現になりました。

登場した昭乃さんはウェーブした金髪、ゆったりとした黒の衣装と
魔女度がかなりアップ。遠目に見ると外人さんです。
「鏡の国」は妙に高くて可愛い声で歌い始めたので、まだ声が
出てないんだろうなぁとは思いましたが、子供みたいで萌えました。
「Monday,Tuesday」は歌詞にも出てくる黒い羊がたくさん出てくるVJ。
昭乃さんの絵は素朴で、外国の絵本の絵みたいで上手くはないけど
そこが良いです。

「大阪に来れて嬉しいです」とMC。4年ぶりということは、
私が前回福岡で行ったsora no utaツアー以来だったらしい。
残念なことに、ほぼ東京でしか活動してないのだなぁ。

「ターミナル」ここらへんから声が出始めました。
「きれいな感情」は古い曲ですが、アレンジもしてありました。
前回のツアーはコーラスの方がいたのですが、今回はいません。
昭乃さんの曲はコーラスの存在も重要なのでどうなんだろうと思っていたら
バイオリンがコーラスの役割を果たしていたことにちょっと感動。
確かにバイオリンって人の声と似ているよねぇ。
「虹色の惑星」はVJが「sora no uta」初回盤についていた映像と
同じもの。昭乃さん命名「ナナちゃん」大活躍です。

しばらく「ソラノスフィア」からの曲が続きます。
どの曲かは忘れましたが、紗幕をほとんど下ろして昭乃さんだけが
見えるようにして歌われた曲などもありました。
しかし相変わらず視覚からの演出が凝ってます。
後は会場の音響もなかなか良くて、映像と共に音も複雑に絡み合って
非常に立体的にバランス良く聞こえました。

丸っこい弦楽器を持って渡辺等氏と二人でステージに立つ昭乃さん。
「渡辺さんは弦楽器ならなんでも弾けるという、国宝にしても
いいんじゃないかと思える方」と紹介。
「懐かしい曲をやります」と流れてきたのは、おおー!!
これは本当に懐かしいっ!
OVAロードス島戦記のOP「adesso e fortuna 炎と永遠」ではありませんか!
まさかこの曲が聴けるとは思わなかったよ。
これが聴けただけで大阪まで来た甲斐があります。
ちなみにこのときの楽器はマンドラという楽器でした。

「次のもちょっとなつかしいのを」と「夜気」。
前作のアルバムの曲なので、そんなに懐かしくはないよなぁ?と
思いましたが、好きな曲なので嬉しかった。

「Lhasa」を歌う前に曲が出来た経緯の説明がありました。
「ダライラマが故郷に帰りたいと思っている様子を描いた曲」ですが
白血病と戦っている親戚の女の子がいて、その子が「曲が作りなさいと
言われたから、作るのを手伝って」と言われて、一緒に作り上げたと。
「二胡の音が聴こえた」というので「じゃあ二胡入れよう」と。
残念ながらその子は4月に亡くなってしまったけど、「Lhasa」の印税を
白血病の研究機関に寄付するつもりですということでした。

二胡の代わりにバイオリンで演奏された「Lhasa」の歌声は
静かなのだけどとても響くものがありました。
歌い終わった時の表情は泣いているようにも見えて
その次の「ガレキの楽園」の「僕は戦う 形のないものと」という歌詞が
亡くなってしまった親戚の子の気持ちを歌っているようで
ある意味昭乃さんらしからぬ激しさを感じる歌声でした。
なんかこっちの方が泣きそうになってしまったよ。

んで「降るプラチナ」!この曲大好きなんだよー。
(アルバム「降るプラチナ」に入ってるのはどれも好きなんだけどね)
ここでは小さな電球で雨のように光が降り注ぐのが表現されていて
それはそれは美しかった!この曲だけでもいいから映像化して欲しいよ。

メンバー紹介では
ベース渡辺等さん
「この方のそろCDを聴くと頭痛が治る、薬よりも効く。人生の道標です」
ドラム:ASA-CHANG
「巡礼というCD出しててすごい、大阪ではCMで有名人 お洒落キング」
バイオリン:藤堂昌彦くん
「セレブな弦楽器のグループに入ってる。こんな庶民と一緒にやっていただいて
ありがとう」
ギター:堀越信泰さん
「食べ物や音楽の趣味が一緒。・・・・こんな情報要らなかったですか?」に
会場から笑いが。
エレクトロニカ&ギター:保刈久明くん
「DVDに入っている写真を見ると全て同じ顔をしてて、ASA-CHANGが
『人間としての表現が二次元』ホガリくんシール貼ったような・・・」と
すごい紹介でした。

「鉱石ラジオ」は昭乃さんのリードで手拍子が。
やっぱりこういうのは楽しい。個人的には次の「Orient Line」の方が
手拍子したかったけど、昭乃さんのリードがなかったので、誰もせず。

そしてそしてラストの曲「Haleakala」
やっぱりこの曲は良いね。最近の昭乃さんはこういう曲なかったかも。
CDよりもロック色が強くなっていて、力強くて本当に良かった。

そしてアンコール。
全員がグッズのTシャツに着替えて登場。昭乃さんは黒のTシャツ。
「新しい曲をフルで歌います・・・・って当たり前ですね(笑)」と
やっぱりMCが可愛らしい。「狼と香辛料U」のOP「蜜の夜明け」は
福岡でアニメがやってないので、まともに聴いたのは初めてだったのだけど
タイプとしては「キミニムカウヒカリ」と似ているかな。
歌いだしの部分が月夜なイメージで好きです。

そして本当の最後の曲は弾き語りの「美しい星」
ウィンダリアという昔のOVAでのエンディングに使われたとても古い曲。
てっきりラストには「at eden」が来ると思い込んでいたので意外だったよ。
この曲は家人が大好きな曲なので聴かせてあげたかったなー。


これで約2時間のライブは終わりました。
昭乃さんワールドはやっぱり素晴らしかった。
あの柔らかくて優しい歌声と、ロックな激しくて重い音との
アンバランスさがカッコよすぎる。
Zeep大阪は場所はわかりづらくてイマイチでしたが、音はとても
良かったなぁ。
次回はKOKIAのやった大阪サンケイブリーゼ辺りでぜひお願いします。
あそこは場所も音響も内装もとても良かったので♪

また昭乃さんのライブ、ぜひ行きたいです。
今度は福岡まで来てくれないかなぁ。
更に魔女度がアップしているんだろうなあ。
昭乃さん、素敵なライブをありがとうございました!!

posted by ぐりともる at 00:10| 福岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

閑話休題

19日にZepp大阪へ新居昭乃さんに会いに行くために
「ソラノスフィア」買いました。

ソラノスフィア

ソラノスフィア

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: flying DOG
  • 発売日: 2009/04/29
  • メディア: CD



このアルバムは買う予定だったのですが、出費が嵩んでいた時期だったので
見送っていたのです。
んで今日聴いてみたら良いアルバムじゃないですかー!
発売日に買っておけば良かったよ。
前の「エデン」というアルバムよりもこっちの方が好みです。
ライブ栄えしそうな曲が多いね。

かなり楽しみです!
でもその前にたなそにレポ書かないと〜。

posted by ぐりともる at 23:26| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

新居昭乃ライブCD

vhmusicCD2.jpg

新居昭乃さんの「VHmusic 2 the first euro tour」という
自主制作CDを通販で購入しました。(購入先はこちら)
パリでの公演のCDという事で、とても楽しみにしていたものです。
CDを出すためにきちんと録音されたものではないそうですが、
音がとても澄んでいて、温かくて、ライブの空気感の伝わる
とても良いライブCDだと思いました。

セットリストも新旧織り交ぜてあり、アレンジも凝っていて
素敵な異空間を創り上げています。
また福岡でライブしてくれないかなー?

このCDを聴いていたら心の内側に溜まっていた澱が少しずつ
減っているような気がしました。
あと、落ち込んだときは中島みゆきのCDも良く効きます。
やはり自分には音楽が欠かせないようです。

会社でも仕事しながら音楽が聴けたらいいのになぁ。
耳栓みたいなヘッドホンで、コードレスで音を飛ばせるやつが
あったらコッソリと聴くんだけどな。
最近ちょっと疲れすぎで、ヤバイんですよー。
posted by ぐりともる at 19:31| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

新居昭乃「そらの庭」

本当ならば、ここには東京エスムジカの「風の行方」のレビューが載ったと
思うのですが、発売延期になってしまったので、昨日買った新居昭乃の
「そらの庭」の感想など書いてみます。
このアルバムは1997年に発売されています。今から8年前ですね。
内容が結構ダークなんです。
今の昭乃さんの曲は、透明度の高い、雰囲気を歌っているような感じが
あるのですが、このアルバムに関しては曲のイメージに実体があります。
しかもファンタジーではなく、童話です。
グリムやアンデルセンの童話は大人になって読んで見ると、
結構エグい部分があるのに気付くと思うのですが、そういうイメージを
このアルバムには抱きました。

ダークでシニカルですが、やはり昭乃さんの曲はとても美しいです。
美しさゆえの残酷さという意味では、谷山浩子とタメ張っていると思ったり。
しばらくはヘビーローテーションしそうです。
posted by ぐりともる at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

新居昭乃「そらの庭」

先日行われた新居昭乃ライブにて歌われた「人間の子供」では
初めて聴いた曲なのに、涙腺が危うい状態になるところだった。
CDを買おうと思ったけど、古いせいか結構大きなショップに行っても
置いてない!
ああ、これならライブの物販で買っておくのだったよ。
最初はアマゾンで注文しようと思ったのだが、結局普段からポイントを
貯めているCDショップに注文した。
ポイントって大事よね。うん。
posted by ぐりともる at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 新居昭乃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする